FC2ブログ

恐怖のGWが終わる

傍若無人の国民が増えた。
というか、『常識の範囲が違い過ぎるもの』が増えすぎたような気がする。

GWで多くの都会人も半都会人もこんな山村に訪れる。
『えせ自然派』らしき者も多数だ。
山村の住民は『戦々恐々』としている。

今の時期、ちょうど山の恵みものが多いシーズンだが、一方農繁期でもあって近くの住民は『山に入れる時間』が限られる。
こごみ、ウド、タラの芽、こしあぶらなどの『採りゴロ』だが、山の人間は『それぞれ管理』している。
と言っても、山菜だから工業製品の管理とは根本的に違って、『自然と付き合い』ながら『次年度のことも考え』ながら、『持続可能を視野に入れて』いることは当然で、だから管理しているようには見えないかもしれない。
こういう言い方は、『敢えてちょっと好意的な判断』で、『実は気が付いているのだが、気がつかないふり』をしているのではないか、というのが本音。

この辺には国有地や公有地はないから、すべて個人有地、ささやかだが固定資産税という税金を払っている。
GW中はこんな『所有者の方が引っ込んでしまう程のふるまい』の者が大勢付近を闊歩する。
立派な道具を用意して、堂々と他人の山に入る。

気静かな山村の住民は『こそっぽいことは言えずに我慢』している。
山村の住民は『相手が言わなくても、言いたかったことを理解する能力』があるのだが、訪れる多くの者は『言ったことしかわからない』から、『言わないことは承認したこと』だととらえる。
言ったことだけとらえる。
『言外の言はわからないふり』をする。
『そういう生活をしないと生活できない環境に住んでいること』は山里の人間にはわからない。

文化の違いは相当ある。

山里の人間は気が小さいし、『他人に不快感を与えることを、相当恐れる』。

「いいですか?」と問われれば、相当困っても「いいです」と答える。
『いいといったことだけを捉えて、相当のこと』をする。
困ったものだ。

春先には『フキノトウを採る』ために、『大きな袋』を持参したものが訪れる。
他人の管理するものだから、全部根からもぎ取る。だから持続可能ではなくなる。
あれは『そんなに食べられるものではない』。
商売にするのかなー
『そこはさっき立ち小便したところだじ・・』などというのが、関のやま。

さっき姉から電話がきた。
旦那が用意中のキノコの原木がなくなったそうだ。
まだ玉切ってないものだから『チェンソーの音をさせた上で持ち帰った』ことになる。

これなどは確信犯で犯罪だが。
そんなものと『同一視されること』につながってはいけない。
相当『配慮しないと危ない状況』になっている。

『そっと分けてもらっている』のだから・・・

スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード