FC2ブログ

前と後では

日本は『民主主義』だと思っていたのだが『検主主義』というのがあるらしい。
どこぞの新聞にあった。

どうやら『政権交代はなくなった(と思う)』。
『政治と金の問題』は、大した問題ではないなどと言うつもりはないが、近年の日本にとって『政権交代』とどっちが大事だと言えば、takeyamaにとって答えは簡単である。
そして真の政権交代は小沢氏に変わることが一番インパクトがあって、それ以外では単なる見せかけのものになるような危惧を感じてもいる。

『新聞やテレビでの言論』と、『週刊誌やネットでのそれ』では相当のニュアンスの違いがある。

今回の小沢代表にかかわる事件?は、『検察という官僚が政権交代を阻止するための策』だという説明が一番説得力がある。
それが『政権首脳にとっても一番都合がよかった』ということではないか?という説にも、納得することが多い。

田中角栄追い落とし事件は、日本ではなじみのない『刑事訴追を免除した証言』で日本の制度にはない『司法の取引』をもとに積み上げられた。
『アメリカの都合によって事件が作られたのでは?』という論調に説得力を感じた。
もしかしたら庶民が感じていた『この野郎、とんでもないやつだ!』とは違ったのかもしれない。
庶民は他人のお金には基本的に冷淡だ。

この間のテレビで田中真紀子さんは『角栄の死亡で結論に至らずに裁判は終わったから正式には無罪』だという説明には『あっ!』と思った。

角栄事件において『検察との戦いを近くで見つめてきて小沢氏』は『検察にとって目の上のたんこぶ状態』らしいことは推察できる。
そんなことが今度の小沢秘書事件の背景だったとしたら暗然とする。

起訴されても裁判は簡単には終わらない。
選挙の最中にはメディアが興味深く騒ぎ立てる。
裁判の結果が出たころには政権選択の結果は出ている。
政権交代はできないと思う。

小沢代表が代表を辞任すれば政権交代は可能だと思うのだが、それでも検察としては大勝利になる(はずだ)。

メディアの論調?だけで、一般大衆たるtakeyamaは判断してしまうのだが、例の小泉改革、郵政選挙にまんまとひっかかってしまった国民の多くは、今度もまた『汚い政治と金、政治による金儲け』という『メディアの論調に踊らされて』しまう(のだろうか?)。

千葉県知事選挙は『政党とのかかわりを否定した森田氏の大勝利』だったが終わった後に、自民党支部で受けた資金をその後自分の後援会に振り替えたことが発覚した。

政治資金規正法上は小沢秘書事件とは大差がない。
発覚したのは当選後のことだから前と後では大違い。

本当は選挙民をだまして当選したのだからその方が罪は重いと思うのだが・・・

こんな大それた意見を言うブログではないと自覚はしているのだが、そんなに影響力のないブログだから勘弁してほしい。

スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR
RSSフィード