FC2ブログ

『テレビやゲームは禁止』ではない!

帰省する(した)子供たちの目を意識して書いている。
親がブログに訪問していることは推察できるのだが『子供にはどう対応するのか?』ちょっとした興味はある。

昨日、朝食の最中に「テレビもゲームも禁止されてはいないんだよ!」と言ったら「え?」といった意外な風で『目をむいた!』

27日に子どもたちは帰省するのだが、ちょっとした『禁断症状』のように、テレビの前に座りきりになったりゲームに夢中になっている姿が想像できる。
夏休みがそうだったはずだ。
多くの場合、青白くたるんだ顔つきで帰村する。

この前ちょっとした事件があってそのとき『隠れてしていたゲーム』のことも『反省の材料』になったようだ。
隠れてゲーム機を持参したり、もしかしたら親に送らせたり、親せきなどからプレゼントされたかもしれない。

彼らは頑張って、『テレビやゲームを禁止された生活』を送っている(と思っている)。

よく考えてみれば、それは『禁止されているのではなく』そういった生活を『自分で選んだ』のだ。

takeyama家でもテレビを禁止したつもりはないが、そういった『生活を支援する意味』でチャンネルだけは離さない。
バーチャルな世界に飛び込みやすい年代の子供を相手だから、そんなことを意識して現実味に乏しいオーラや超能力、マンガが映っていることはない。
相当なジャンキチだからいつも野球だし水戸黄門の類だったり相撲のことも多い。
頑張っているつもりだ。

残念だが『禁止されている!』という意識が抜けないから『もろもろの環境に対する新しい興味』がわいてこないし、『楽しみ』にも気がつかないことが多い。
そんなことが『帰省で山村留学を一休みした機会』に『禁断症状が出てくる原因』だと思う。

近年『新しい興味を見つけ出すことの手助け』がずいぶん難しくなった。

カミサンは毎朝『今朝は雪が降っている?』などと必ず天候の質問をする。自分ではわかっていてもほとんどする。
昨日から雪降りだが、その前は北アルプスの朝焼けは相当みごとで感動するはずだったのだが・・・

朝食が終わって『自分で選んできたのだよ!』と言う訓示?に、『仕方なく?うなずいた』。
スポンサーサイト



comments

あっ、もう帰省かぁ~。

最初の一学期は自分中でカウントしてましたね。(笑)今の学園生の事はよく解りませんが、難しい物に対してやる気、当然、元気が無くっちゃあ。23歳の俺に負けちゃあ情けないですからね。疲れる年代じゃないはず、俺も(笑)鬼剣舞もとにかく技術はいいから前に出る勇気が欲しいです。先ずはそこからですよ。そうきっかけを作るって意外と恐いんですよね。
単純に純真無垢なら良いのですが後輩の郁○とは違うなぁ。似たようなもんだけど(笑)

工場でもそろそろ四十代なのに。壁よっ掛かって椅子に座り休憩時間ゲームをしている人がいました、毎日ですよ。完全な依存症ですね。顔も幼くかなり性格も暗い、彼今月いっぱいでクビになっちゃいましたよ。
仕事を取ったら何が残るんだろう。実現した今の姿とても想像出来ません…。
色んな人が居ます、反面教師を知るのも一つの学習ですな。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

リンクした(しようとした)記事のリンク先が間違っていました。
訂正しました。ご指摘サンキュウです。

No title

んー、周りの環境も‘相当’変化してるんだろうな
いろいろと過敏になってる気がするし
遊んで失敗して怪我して怒られて、それが大人になったときの笑い話
そんな体験してほしいな
父さん、手伝いに行こうか?(笑

No title

大概のことは内部解決?の山村留学ということで、悪態を知るのは
子供からのはがきか帰省のときの自白によるものに限られますが
「え?そんなことも?」「あんなことも?」「いつのまに?」・・・
と正直、聴くたびに顔面に斜がかかります、、
山留も学校も「連帯責任」で個の行動の重みを感じてもらいたいと
いう想いを、親としてどう噛み砕いて伝えられるか、短い冬休みの
宿題をいただきました。

Re: No title

> 父さん、手伝いに行こうか?(笑
ずいぶん遠くなってしまったが、手伝いを要請したい気分。
本宅から写真が届いた。
カータケのシロは修園するまで教えなかったこと、悪事?は15分で自ら告白したことは何回も指導?に使った。

Re: No title

> 帰省のときの自白によるものに限られますが
>・・・短い冬休みの宿題・・
自分から白状すれば岳山家の指導?は終わり。
いつもそうしてきた。

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR
RSSフィード