FC2ブログ

弾力的な公共事業

08_1204_県道規格
県道美麻八坂線の藤地域の改良が終わった。
何年もかかった。
この『路線の美麻分は、ほぼセンターラインが入った』ことになる。

少し道路の規格などに知識や興味を持っている方は、この写真を『ん?』と思って見ていると思う。
歩道のない道路の場合の一車線は、センターライン→車道→路側帯→路肩(側溝)で構成されていることをご存じだと思う。

公共工事の費用を縮小したい時代になり『地域の生活道路の規格を実情に合わせて見直すながれ』になって、交通量の少ない道路のいわゆる『1.5車線道路など』が生まれたのだが・・

この場所は両方が墓地だが『正式に道路幅員を確保』するためには、『左側のブロック積み』を壊して、『積みなおさ』なければならない。

この部分の『道路改良地元説明会』は何回もあった。
要望や意見を聴いて設計や工事に生かす姿勢があった。
意見で縦断や横断の変更もあった。
その時の担当の課長の言葉。「50センチのことで積みなおすのはどうも・・・」

「側溝に蓋をしてその部分を道路に使いたい」と言う提案を、住民や関係者は納得した。
この改良工事は「こてこて」の『県の単独事業(県の税金)』の工事だと思う。
国の補助金や交付金の工事はこんなことにはならない。

山の中で『利用されない歩道がついた道路』や、『落ち葉にうずもれてセンターラインが見難い』ような『過大設計の道路』は国の『道路構造令の縛り』だ(と思う)。

『道路側溝の上』に『車道用の蓋をかぶせ』てそこを『道路』にした箇所がここ。
特段の不便は感じない。地域実情に応じた公共事業を進め、経費を節減しないと『住民のため』か『業者のための公共事業』かが分からなくなる。
スポンサーサイト



comments

美麻も進みましたね。

ルール違反に伴わなければ、つまらない妥協が許される。
何をやるにも皆第一前提は一緒ですが費用、期間、面積、住民との接待、何より國の援助と許可。
揉め事だかけでイビツなのは仕方が有りませんが繊細過ぎて大胆さに欠けるのではとも思います。
これでいいのか?このままでいいのか?疑問はまだまだ疑問のまま。他の國では度外視しそうですよね。『まっ、いっか。』は駄目ですが…。
住民のためか業者のための公共事業かそこは臭い物に蓋である。


訂正

県の援助と許可でしたね。すんません。

補足※もしかして俺が中三の時から開始した工事ですよね。
うひゃあ~、時間かかり過ぎでしょ!遅延するならとっとと終わらせて他の事にお金を使えばいいのにぃ、
人件費とか大丈夫ですかぁ?

本末転倒

本来は、地方の小さな自治体ではできない大きな道路を県や国が補助しましょう!という仕組みなのに、「補助金を貰うため」に過大な規格にしている面がおおいんじゃないでしょうか?


古い話へのRESで申し訳ない

Re: 本末転倒

>「補助金を貰うため」に過大な規格にしている面がおおいんじゃないでしょうか?

指摘されるとおりです。
ガソリン税が国土交通省が相変わらず管理して『一般財源化(公共事業の交付金)した』ことにしていますが、同じようなことになると思います。

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード