FC2ブログ

棚田の管理

棚田の草刈
この写真で場所が特定できたら相当の方だ。
見事に管理されていると思う。

棚田の管理はなんといっても作付け地の何倍もあるあぜの管理、草刈で相当の労力がいる。

美麻wikiにも投稿してあるのだが、いわゆる『ビューポイントとしての価値』を認めるのは百姓だけだろうか?

ここには2反歩ほどの田んぼがあるのだが、管理者は73歳くらいの高齢になってから乗用のトラクターを購入した。

相当経済観念のある御仁だが『何でそんな年になってトラクターを・・、』『もう何年も農業ができないのに?』と問うtakeyamaに『歩行型の耕運機では体力がきつくなったので必要になった』と答えた。
だから乗用と言っても傾斜地を上り下りできるキャタピラー型で『能率より体力軽減』を狙った機種になっているから『経済性は?』な代物

takeyamaのトラクターもいわば趣味の範囲でその原資は退職金だが、百姓はいわば一種のポリシーがないと出来ない産業?だと思う。とりわけ棚田での米つくりはその最たるもの。

当然『はぜかけをして天日で乾燥』し、『脱穀』する昔ながらの作業が続き、じっくり乾燥された『もみ』が出来て『玄米』『白米』と『昔どおり順序どおり』出来上がる。

コンバインで刈り取り、乾燥機で一晩で乾燥され、一気に玄米になって保存される米とはちょっと趣が違う。

『棚田のハゼ掛け米』はちょっとしたブランドだと思うのだが・・

そんなこだわりを理解される方はご連絡を

猛暑の合間の雨降りの時間に
スポンサーサイト



comments

棚田の管理

これは驚きました、本当に良く管理されていますね。斜面の除草は大変だったと思います。
 ところで、水は通年、山から出てくるのでしょうか?

山からのものだけでは足りません。
水路のことは美麻wiki、藤の魚の京水路にupしてありますからご覧ください。
takeyamaのページか地域の紹介→自治会→藤で行き着きます。

驚きました

そんなストーリーがあったのですね、よく見ると鋼管ではないですか、しかも昭和初期に・・・すごい費用がかかったと思いますよ。
 ところで拙宅が当初予測していた地域「向」か、「北村」と思っていましたが、残念でした。

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード