FC2ブログ

今年は不作?

昔の嫁入りは『嫁さん』と『たんす長持ちなど嫁入り道具』が一緒に婚家を目指した。
自動車の無い時代、50~60年以上前の話で相当の人数が行列を作って婚家に向かった。

この辺では『郭公(カッコウ)』と『不如帰(ホトトギス)』が『同じ日に鳴き出す』ことが多い。

今年はある意味異常で、不如帰は1週間くらい前から鳴き声を聞いているのだが、今日始めて郭公の鳴き声を聞いて、2人とも『あ!』といった。

カミサンが『今年の作物の出来は良くないのではないか?』と心配する。

『郭公が嫁さん』、『不如帰は連れの荷物背負い』だそうで、嫁さんの『荷物が多い』とどうしても『遅れてしまう』し、逆に『少ない』と荷物背負いが楽で嫁さんより『荷物の方が先に婚家に着く』。

『荷物の多寡』を『農作物の出来』に見立て、『両鳥の鳴くタイミングで今年の豊凶』を占った。

カミサンは『ばあさん子』、子沢山の母親が忙しかったから主にばあさんに育てられた。
日々のつれづれに孫に話しかける老婆の姿が目に浮かぶ。
もちろん『郭公と不如帰の話』もそれ。

takeyamaの知識では『科学的な根拠に結びつく見当はつかない』が、『両鳥の鳴き始め』が『こんなにずれた』ことはめったに無い。

『郭公が鳴いたら豆を落とせ(撒け)!』とも言われていたから『郭公の鳴き始め』には毎年注意している。
スポンサーサイト



comments

郭公と不如帰の関係は全く知りませんでした。へえ…です。もし今年の奥様の予想があたっていたら、伝承の正しさを改めて世に広めなければいけませんせね。
語る昔がある人は、どんどん語ってほしいです。

言い伝えは大概何か根拠の様なものがあるのですが根拠風のものが見つかりません。
昔話を語るブログ運営者は少ないからちょっとがんばろう(かな?)。

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード