FC2ブログ

連休が終わった

例年GWは農作業と修園生を含む山村留学への対応で終わるのだが今年も同じ。

4月20日に農家入りした彼らは3日にセンター入り。
親が訪れて親子行事をこなした後4日には共に農家訪問。

親と一緒だと随分印象が変る者がいるし、コメントすることも多いのだが、個人情報の公表はまずいとセンター側にブログのブレーキを掛けられたから彼らへの言及は控える。
会とは無関係ともいえるのだが、マー一応下請けの身分だから。

山留生全体のことを!とは言われるのだが彼らは『十杷一絡げ』で語れるほど『単純・没個性』ではない。

そんなわけで連休中に訪れた修園生の話題で・・

『行って来ましたー』といって入ってきた。
後ろの親は『口、あんぐり!』の状態。
前にこんなことがあってちょっとうれしかったことはたびたび口にしていたから、マー『受けねらい!』もあるのだろうがちょっとほんのりした雰囲気。

単なる挨拶だけの問題でなく本当に『気分的にも農家の子供になったか?』が言葉に表れるものだと思っているから。
2年ほど前のテレビ番組で始めての農家入りの際『お邪魔します!』の言葉にクレームをつけたことがあったが同じ意味。

近頃『民宿に訪れた』か、せいぜい『よそ様の家にお邪魔している』感覚の者がいるような気がして、気になっていたのだが。

『女を三つ合わせると何とやら』と言うのだが、この年代は総じて女の子のほうが精神年齢は早いから男女の機微に係る話が面白い。

『彼氏がいたナー?』と冷やかしたら、『違う!あっち側が一方的!』ときて、農家の母さんに『外出禁止令』を出されてしまった!ことも告白した。
それは去年のうちに知って居たのだが、同居していた一方が、相手の都合だったことを認めながら『はっきり断らないから!』と指摘した。
『彼の君は弟の憧れの人』だったから、弟思いの姉さんがちょっと配慮したのかな?

将来は長野の大学(信大)に入って『山留の指導員になりたい』。
農家が無いようだから『農家もしたい!』などと頼もしいことを言う。
『農家は簡単、美麻の農家に嫁に来たら好い!』といったら『まんざらでもない風』だった。

『テレビ番組を造る様な仕事をしたい!』と言う者もいた。
結構行動力があって、押しも強いし、観察力や分析力なども相当だからいいかも知れない。
在園中の庚申の掛け軸の描写はけだし見事だった。

『まだ判らなーい!』という可愛い者もいて今後が楽しみ。

何かと楽しい連休だった。
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード