FC2ブログ

隣村の住民投票-2

隣村の合併問題は隣村の住民投票で話題にしたのだが、村長が提案した『ゆっくり説明をしてから住民投票!』の条例の方が通った。

一方『ゴミ処理施設建設の受け入れ問題の住民投票』は議員提案だったのだが『継続審査』になった。
『にっちさっちもいかない』状況が続く。

明治時代に廃藩置県があって同じ長野県になったのだが、松本藩と松代藩の文化の違いかなー?
旧美麻村や白馬村は『お上が住民の意向を直接聴くことに臆病だ(と思う)』。
旧美麻村も、かたくなに住民投票を拒んだし、アンケートさえ採らなかった。

今の地方自治の制度は『代表民主制』だから、住民投票で完全に決まるわけではなく『議会の議決が正式なもの』であることは動かないのだが、それが『住民の意見を直接聴くことは無い!』ことにはつながらないはず。でも、この議論が『結構まかり通る』のが旧松本藩?

松代藩は外様大名だが松本藩は譜代大名、だからお上意識が強いのかなー?
西山3町村は合併に関して2回住民投票する(した)ことになった。

でも、ちょっと話は違うが、議会運営、議事決定システムには『ちょっとわかりにくい』ところがある。

隣村の議会の様子が新聞に出たのだが、すぐ住民投票(4月13日とか?)の議案を提出した議員が『提案を引っ込めないまま』『ゆっくり住民投票(村長の指定日、6月議会前?)の村長提案』に『自ら賛成』して、しかも『賛成討論(意見)』したり、『投票日を指定(5月25日)する方が好い』といった『議員が4人』いたが、『日にちを決めない条例案』の『反対者は2人だけ』だったことが報道されている。

議論の過程で考え方が変るのは『民主主義上あり』だが、経過はどうだったのかなー
数分で考え方が変った者がいたことになる。
選挙民に対する責任は果たせたのかなー?
こんな報道もあった。

事情が判る方はコメントしてください。
こんなブログがあるから紹介。

スポンサーサイト



comments

No title

遅ればせながら、なぜ村長案に賛成したかについては、「自分たちが求めていた住民投票を実施することになったから、そのことを評価する」で、賛成意見まで言ったということです。
村長は「今のような状態で自立にもっていくことは困難だから、村民一体化するためにも、いずれは住民投票はしなければいけない」と考えていたようですし、自立派の人達もそれは同じです。ただ、今回の騒動で、多少投票期日が早まったということは言えそうですね。また、議員提案を共にした他の議員たちは「裏切られたとは思っていない」とコメントしています。

既知のことでしたら、ごめんなさい。

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード