FC2ブログ

新しい地域づくり委員会

この会の制度はこっちにアップしてあるが、任期切れ(5月)を控え、新しい会のメンバーを『今の委員会で決められる状況』になってきていた。

正確に言えば『市長が委嘱する』のだから『その決定に意見を言うことができるだけ』なので『枠組みだけのつもりで議論』したのだが、支所の側が『氏名を挙げてほしい!』とも言い出してきたから『みんなその気』になっていた。

皆が『かかわりやすい話題』だから議論が弾む。
前の会で自治会代表(推薦)5人、市の公募3人の枠組みは意思確認できたのだが、残った7人の決め方で議論が百出した。
『地域づくりに係っているグループ』などを『性格ごとにまとめて委員を出すこと』に前回の会議ではなって居たのだが、その作業は『委員ごとの思惑の違い』があって、すんなりいかない。

もともと『前回も自治会枠を各2人(10人)にしたい者』が居たのだが、前回欠席した委員がこの案を主張し始めたから『一旦なくなった意見』が息を吹き返した。

自治体代表(推薦)のほかに、自治会が『地域づくりに係っているもの1人を推薦する』提案があった。
『前回確定済みの案を覆すこと』になるのだから『その案は受け入れられない』のだが、その枠を『自治体の公募にする案』が出て反対しにくい状況になった。
『公募を条件』に『自治体枠2人でも好いかな?』とする者も出た。

妥協案だから『同床異夢の状況』があり『公募を隠れ蓑に自治体推薦で解決する予定の区』もあることが『推定される状態』になった。

『公募を担保することが課題』だが、それに支所の係りが乗り出して『担保の具体策』を10日の午後に生み出した。
『公募の具体策』を『5自治体が共通とする方法』がしめされた。
13日からはCATVで放送する。
『公募をした振り』をして『実態は都合のいい者を推薦する便法』は通用しないことになった。

とにかく、いわゆる『充て職』などではなく『やる気のある住民』が入って活発な議論をすることが地域づくりの課題だし、結構『制度的には上手に出来ている地域づくり委員会』が『住民に認知される機会』に『公募の作業』が機能するような気がする。
どしどし応募してほしい。
自治体は『応募者の中』から、『5人の選考委員会』を作って決定することが支所から示されている。

地域全体でのルール作りの副産物で『自治体の推薦者』は『委員の候補者』に『位が下』がって『決定するものは市長』であることが明確になった。
今の地域づくり委員会が『決定する者』から『市長に意見を言う会』になったことを意味する。

自治体ごとの公募とは別に『市が正式に公募する委員はある(3人)』のだが、自治体枠が終わった後募集することになる。
あと2人委員枠があるから、自治体枠が決まった後に今の委員会で『意見を市の側に言う』ことになりそう。
スポンサーサイト



comments

公募期間変更

区長からの意見で募集期間が18日から(13日からの予定が)になったそうです。
終了期限は31日。

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

地域づくり委員公募 青具の場合

新しい地域づくり委員会で話題にした委員公募チラシです。
今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード