FC2ブログ

『怒られた!』と言うのだが

今年の山留生は、3月2日、荷物をまとめてセンターに移動した。
これで山留生の農家生活は終わり。
毎年のことだが、1年間の想いを一枚の色紙に残した。

此処のところ何年もほとんど『怒られた!』と書いてあるのだが今年の4人も同じ。
けれども、もともとの色紙は『父さん母さん1年間ありがとう!』が趣旨だから『怒られたこと』は肯定的に書いてあって『おかげで成長できた』と総括している。

昔は集落に『かくしゃくとした老人』がいて自分の孫も他人の子供も隔てなく怒った(指導した)。
近頃の大人は子供のほうに『おもねて』しまって、みんな『子供の理解者』の風を装って気にいらなくても黙っている。
地域社会の教育力は確実に落ちている。
学校やセンターの指導員もそうかもしてない。

そして、今は『子供をほめて育てる』のが風潮だから『些細なことでもほめる』し『ほめることを探してもほめる』。
そのせいか子供はマーほとんど『自己中心』になる。『総ジコチュー』だと思う。
『子供の個性尊重!』の影で『保護者責任を放棄』しているのか?とさえ思うことがある。

だからtakeyamaのような者に遭遇して子供達はびっくりする。

takeyama家で農家生活を1年過ごした子供たちは『1年過ごしたことをステータス』にして、次の子供たちに誇張して吹聴する。だから次の子供は『相当身構えて』入ってくる。
農家は、ある意味では指導は『楽』。

彼らには『父さんが怒っているうちは大丈夫』だが、『怒らなくなったら諦めたこと』だから『深刻な事態』だとも言ってある。
だから『怒られて成長した!』と臆面もなく言うのだが『成長したことを評価するのは自分ではない』ことには気がついているのかなー。

去年の4月、農家に始めに入った時、トラックに荷物を積んだのだが『かなり上手になった』ことは確かだ(が)。
スポンサーサイト



comments

1年間ありがとうございました。

父さん今年も1年間里親ありがとうございました。
 いつまでも、お元気で里親を続けてください。

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード