FC2ブログ

もくじき荘払い下げ?

2月1日の地域づくり委員会の話題。

『もくじき荘』は昭和63年、地元の要望で村が温泉施設を建設し、地元が『温泉開発の会社』を作って宿泊棟を増設した。

管理運営は村が地域に委託した形式をとっていた。
入湯料は『村の収入』になっていたが、その分を『そっくり委託料として地域に還元』していたから『実質的には地域(温泉開発会社)の経営』になっていた。

法律や補助金、起債(過疎債)の決まりの隙間をつく形で運営してきたのだが、地域の中で運営(経営)に関して温度差も生じてきて、源泉使用に関してちょっとした事件もあったのだが表面化はしなかった。

合併に際して、議会内で『もう事業の効果は充分達成されたから、所有管理体制をすっきりさせた方が良い』と言う意見があり、『もう払い下げすべき!』の方向性は確認されたのだが、施設は、管理委託先で『浴場の増改築』『宿泊棟や宴会場を建設』してあったり、『用地は地元が提供してあったのだが、その後責任者の個人所有が進んだ』り、『管理者が払い下げを望まなかった』りして、具体的な進展はなかった。

市は払い下げを念頭において短期間の指定管理制を導入して居たのだが、19年当初の払い下げは出来なかった。

今回『管理者との調整』が進み、『用地や源泉の継続利用』もかたがつき、『払い下げする方向性』が示された。

『設置条例の廃止』や『無償譲渡』は『議決が必要』だから、その『前段行為』として『地域づくり委員会のゴーサインがあった』としたいから議題にしたのだろう。

よく言えば『弾力的な行政運営』だが、ちょっと『グレーだった行政手法』が合併を機に解決する。
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード