FC2ブログ

おとおじ(そば)

郷土食体験で今日の中学校は『そば作り』。
そばを作付けして、収穫し『どうやって乾燥した?』と聞いたら、答えは相当怪しかったがどうやらプールの近くで『天日干し』したらしい。

今日は「そばを持って帰るから『タッパ』がほしい」と、4人とも『それを持って』登校した。

指導はそれぞれの学年で地域のベテランに依頼した。
いずれも名の知れた人物。

『材料が本物』で『指導者も本物?』だから『出来が本物』になればいいのだが、それではすまないのが『そば通を自認するtakeyama』の想い。

なかなか合格点を出さないから、何時も連れ合いはイライラしている。

『材料』は問題ないのだが『水廻し』をして『こね』て『のし』て『きっ』て『ゆで』て『冷やし』て『つゆ』、それが全部『完璧』に、しかも重要なのが『手際よく』『早くでき』て、それで味が決まる。

子供たちには『おいしかった!』『楽しかった!』の『この種の定番で感想を済ませるなよ!』とは言って送り出した。

もって帰っても『ざるそばで食べられる代物では無いぞ!』と言うのが『takeyamaと連れ合いの共通認識』だから『とうじそば』にするか?というわけで『野菜』と『油揚げ』『味噌味仕立て』を用意した。

3人前くらい作って、どうやら2人前くらいをもって帰ったのだが『マー大体予想通りの出来』。
『家へのもって帰り方』までの指導は出来ないからなんとも大変な状態。

4人だから8人前くらいある勘定。
ご飯の時は2人前くらいは何時も食べるのだが『そばは結構てこずった』。

学校も味なことをして『給食は味噌ラーメン』だから『麺3連発』昨日のカレーライスも売れた。

『親』と後で『新行のおそばやさん』で『本物を食べて帰るように!』『これがそばだと思われてはたまらない!』ことは伝えたのだが、カミサンが『帰るまでに腕前を示す意気込み』を示した。

『う(ゆ)でゆ』はまぎれなく本物の味だった。
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード