FC2ブログ

お天道様が見ている!

今日は氏子総代の研修会

『信濃史と神社』の題で県立歴史館の先生の講演会があった。
冒頭『人生最後の村役が氏子総代』などといわれてその場が和んだ。

氏子総代に対する講演だから、『その心構え』のようなことが話されたのだが、神道は太陽を始め自然を神とあがめ農業特に稲作文化との結びつきが強いことなどが言われた。

今の時代、冒頭の『お天道様が見ているぞ!』と言うようなことを言う大人が無くなったこと、『川に小便すると「おちんちん」が曲がるぞ!』などとも言わなくなった。

精神のよりどころを失った人や子どもが増え社会がおかしくなった。

だから『それを言うのが氏子総代の役目』などといわれると『なるほど!』と思ってしまう。

八坂のトンネル付近の『農の心人をつくる』の石碑をいたく評価したし、民衆(氏子)の力で地域の神社を維持し鎮守の森を守ることが評価したし、将来にとって大事なことも話した。

政(まつりごと)と祭(まつり)はとかく結びつきたがるのだが、氏神等の神道は民族文化の一環として捉えたほうが良いのかなー

氏子総代の行事は、いきなり『君が代』から始まり、今回は無かったのだが『日の丸や天皇陛下に万歳』もあってまごつくことも有るのだが・・・

狩猟や遊牧民族と農耕民族の『気質の違い』は『とる→食べる』と『蒔く→待つ→ためる』の違いで、だから『イエスとノー』だけの民族と、その中間に『あいまい、マーマー』を認める民族の差だという話には納得した。
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード