FC2ブログ

昔話の個人研究

こんな経過から始まった。

この物語の現場は農家生活中の毎日の通学路。
昭和の始め頃、北安曇郡中の先生が地域の古老から地域の言い伝えなどを採話した。

その中で『娘と通じたへびの話』と言うのがあるのだが、『子どもにはちょっと?』で仕方が無いから原本をそのまま渡した。

それが元で、その後いろいろ装飾を加えて子どもにも語れる『民話』が活字の世界に出来ていた。『大蛇の恋』
少年はそれを発表した。

インターネットの世界にこんなのがあったから紹介。

祠の位置はネットの方が違う。本物は、少年の発表した『水神様』のことで件の池はその場所を水田にしたときに無くなってそのとき祠を移した。それがその後の水神様。

関係する家は数年前に安曇野市に移って現在の住人は19年の始めから住み始めただけだから少年の調査時には『よく判らなかった』らしい。

takeyamaの少年期にはまだその池が存在したからよく覚えているのだが。

ついでにネットの『上の池』の位置も違う。

別の話で岳山(北アルプスを昔はこういった)に住む大男の話で『アルプスから青具の太郎山、藤峰、真面に渡った足跡がくぼみになっている』と言うのがあって、ネットで示してある『上の池の位置』は藤峰のそれではなくて、大男の次の足跡『真面』のくぼみのこと(らしい)。

いずれ『口碑伝説』は『書き物』には『かなわない』からいずれは本物がすり変ってしまうのだろうが残念なことである。
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード