FC2ブログ

2地域居住・ふるさと納税

ふるさと納税制度が具体化するか?
20日付けの朝日新聞の記事
ふるさと納税、住民税から控除する案が有力に
都市部と地方の格差は歴然としているがその解決の具体策は出てこない。

地方分権や所得税と住民税の負担割合変更も富めるところに厚くなる結果だけを生んだ。
住民税を住所地だけに納付するのではない、いわゆる『ふるさと納税』制が論議されているのだが、方向性が出たようだ。

少しの間村の税務に携わり、今の制度をちょっとかじった身から見て『ふるさと納税』の考え方、『今の住所地だけに税を納めるのではなく、自分を育てたり、関りを持った地域にも税を負担する』考え方には深く共感するのだが、技術的には『相当難しい』と思っていた。

新聞によれば、納税者が希望する市町村に寄付したものを住民税から税額控除することでまとまりそうなことが書いてある。
『所得控除』するのではなく『税額控除』になることには相当の意味があって、納税者の負担は『本来の分が増えることが無い』から面白いし普及するかも知れない。

寄付の額は税額の一定割合にとどまると思うから該当地域が『財政的に飛躍的に潤う』ことにもならないとは思うが『ふるさとへの思い、自然環境の大切さに関心を呼び起こす意味のある企て』とする考え方には『同感』した。

合併論議が華々しかった頃、泰阜村の村長がこのことを唱えたことがあって『なるほど!』と思ったことがあった。

過疎地域の人口対策はなかなか実効ある対策が進まず、今は交流人口や2地域居住に希望を見出す段階になっているが、これを理論的に支える施策になるような気がする。
だが、ある意味自治体にとって『諸刃の剣』でもあって、『納税者にとっての魅力』がないと『住民の負担が望めない』ことにもなる。

加えて当然のことながら、この制度は個人が行動しないと始まらないわけで、市民農園や山村留学などの2地域に生活の拠点を持つ住民の関心をどうよぶか?
『山紫水明の地に偉人が育つ』の言葉があるが、『人を育てた地域』として育てた人にどうアピールするか?が重要になる。

行政の質が変るか?
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード