FC2ブログ

地域担当職員制度を廃止

去年の市政懇談会のときに鳴り物入り?で示された支所職員の地域担当制は廃止することが10日の地域づくり会議の席上示された。
もともと「へー?そんな制度があったの?」と いうものが多くて、ちょっと批判的に言えば「その場しのぎの雰囲気」の気がしたものだった。

支所の職員も少なくなって、保育園や企業センター、簡易水道や学校は市役所が直接管理する。ぽかぽかランドは指定管理になったし、地域に不案内な他の地域からの通勤者も増えた。

「マーいいか?」と思ったのだが、地域担当(各自治会)から『職員は地域づくり会議を応援する』方向だそうで、少し時間を置いて考えると『地域づくり会議への応援』は逆に『支所の業務への地域づくり会議の方からの応援』のことでは無いか?と言う気がしたがどうだろうか。

市役所は『協働』の意味をもっぱら『安上がりに住民の力を使う』ことに使っているような気がしていたから、またそれに嬉々として従う住民も多いから「ちょっと気になった」

孫悟空が『結局は仏様の手のひらの中だった』ことが教訓になるのだろうか?

自治会では職員の主体性は利かない。本当に住民の1人としての参加になる。
そういえば、地域づくり会議への職員の個人参加(登録)も無い。
wikiの講習も職員だけは別にした。
職員とて一般の市民であり地域住民なのだが「特権意識が抜けない!」などといったらtakeyamaは「何でも批判する」といわれるのだろうか?
スポンサーサイト



comments

八坂では?

支所職員の地域担当制ですが、八坂ではどうなんでしょうか。
私のような一般住民には情報は伝わってきません。

八坂の場合、地域自治組織は行政の下請け機関であるということは、合併前から地区での説明会などで公にされていました。

というか、ここで言う「自治」というのはあくまで行政自治のことであって住民自治についてはもともと行政は関与しないという立場だったのかもしれません。

昔から、地域に居住している役場の職員はなりゆきとして地域担当として働かざるを得なかったし、合併後は八坂支所以外の大町市役所に勤めている人までが住民である以上は当然地域担当であることを期待されているようです。
これはあくまで住民からの視線という意味ですが・・・

合併後の何回かの人事異動で、大町市役所に行った人が八坂支所に戻ってきた例が多数あります。産業建設課なんていまでもほとんど八坂村役場のまんまです(会計検査対応のためという説も・・)総務も主なところは八坂人です。
支所長さんまで八坂に親戚がいる人だったり・・

こうした人事は恣意的なものではなく、あくまで市全体の行政上の判断だと思いますが「あいつは本庁では通用しなかったので、支所に戻された」みたいな受け止め方をする住民がけっこういるのも事実です。

『地域担当制』は美麻の場合だけだと思います。
美麻の旧役場には『村長が言うから・・』と自己の意見を言わない(無いのかな)職員がもっぱらで、村長の意向が届かない地域活動は避ける風潮があったのですが、合併問題を村の方向に向けるように地域担当の職員を配置したのだと思います。
八坂の職員の方はもともと地域の活動を自主的にしていたのではありませんか?だから改めて制度にする必要が無かった!

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード