FC2ブログ

総合計画と山村留学

17日に修園の集いが終わって18年度の山村留学が終わった。
日ごろ「無感動の野郎共だ!」と思っていたのだが、それぞれ「それなりに」思いをつづった作文を読むのを聞いて納得する部分もある。

takeyama家の4人にとって農家の暮らしは「かなり強烈」だったことがうかがえる内容だった。「農家に対する感謝」もちゃんと入っていた(アカちゃんやキュウちゃんの指導だと思うのだが)。
拓斗の「何を怒られたか判らないくらい沢山怒られた!」にはちょっと「参った!」が。

会食会の最後、万歳に先駆けた八坂支所責任者のスピーチが強烈だった。
「19年度の小学校入学予定者は2人(ついこの間まで3人と言う話だったが1人転出したのかな?))」「子供はもちろんだが、移住してきてほしい!」ときわめて単刀直入に訴えた。もちろん「酒の席」の話だが妙に印象に残った。

むらの時代にも「こんな直接的な訴え」は無かった。合併市自体が人口減を食い止められない現実に直面して「手詰まり感」を持っている。
山留を「学校・学級維持」だけに位置づけていてはいけない。
総合計画への位置づけが甘いし支所側の思いにも応えていない。
こちら、13特色ある学校づくりの項
「数合わせがミエミエ」では「誰も寄り付かない」。
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード