FC2ブログ

学校のもみじが

自分で自分の「うかつさ」にあきれた。
学校への用事がないこともなかったのだが、うかつにも校門脇のもみじが切られていることに26日に始めて気がついた。
切り株からみて相当以前に切り倒されたようだ。

もみじは旧北学校にあったものが廃校に伴って梨の木峰の学校に移され30年の年月を過ごしていた。

北学校では児童生徒の昇降口の近くに有って日夜一緒だったし、ほとんどの者はそれに昇り降りした覚えがあるから統合学校への移植を喜んだ。

青具より標高が高いためか紅葉はより見事で、学校の四季の見事な写真を見たこともある。このところ少しいきおいが弱っていることは承知していたから皆心配はしていたが、最後のときを迎えるならそれに立ち会いたい者は多かったはずだ。もちろんtakeyamaも。

切り倒すにもそれなりの経費が必要だったはずで、そのためにももみじを使った記念品は出来なかったのかなー
表札でも作れば「引く手あまた」になったような気がする。

人によって「大事なもの」と「大事でないもの」の基準は違うからあまり断定的なことはいえないが「惜しい!」と思っている者がいることだけはわかってほしい。

体調を崩していたことがあったから「その間の出来事」で、「知らないのはtakeyamaだけ」だったら自分だけ我慢したらいいのだが。
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード