FC2ブログ

登下校

ナオユキは学校の反対側に向かうバスに乗って登校する。

千見の生徒を迎えに行くバスに乗るのだから、歩けば30分ほどだが、40分を超える時間をかけて登校することになる。
バスに乗せるために朝の貴重な時間が早まる「かみさん」も大変だ。
コータはもっと悲惨で、徒歩20分の登校時間が40分を超える。

下校は乗車後に家の反対側の新行経由で帰る。
「バスに乗らないと怒られる(小学生談)」そうだ。

「登下校の危険回避」のみを強調するから、たまにはおかしなことがあって、体力をもてあました子供が「遊びに行ってきます!」といって相当の時間が経過後に「行ってきました!」といって帰ったから「どこに行った?」と聞いたら、ほとんど学校のそばまで行っていた。

子供達は、学校から貸与されたものと、もらったもの、他に「もともと持っていたもの」もあるから、沢山の「熊鈴を鳴らし」てスクールバスに乗ってくるのだが、「家に帰ってくると、もう危険意識はない」からバスに乗った区間を「丸腰」で歩いたことになる。

実際「センターラインの入った道路」に「危険意識を持て!」といっても「体験上はちょっと無理」

「熊が出て危険」だから全部「スクールバスの登下校」で、「自宅の玄関近くまで送る」ことを決めたらしいのだが、学校に「帰宅後の責任」はない。

takeyamaは今日「休みの子供達と、爆竹を鳴らして栗拾い」をした。「熊との不意の遭遇」を「避ける知恵」を実践しないと「山留生の本質」がどこかに行ってしまう。

「歩くより時間をかけて登下校する異常さ」を「異常と感じない異常さ」を意識しないと大変なことになる。

「危険!」と言われたら「危険ではない!」とはなかなか言えない。
ジレンマを感じているtakeyamaです。
スポンサーサイト



comments

変化

こどもたちを取り巻く育ちの都市部の環境も、山村留学のある山村部の環境も大きく変わってきていますよね。山村留学を始めた創始者の思いと、現在の山村留学の主旨は変化してきているのでは?

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード