FC2ブログ

熊の被害

くまの被害の報道があるが、登山中に怪我をしたり、きのこや山菜取りで被害に遭うことと、通学中の子供が熊によって怪我をすることとは「全然別なこと」だが、小谷ではえらいことがおきた。
通学路とは言うが、くまの立場になれば現場はただの山道だ。

熊のテリトリーに入って相応のリスクを背負うのはいわば当たり前で、ニュースになることではないのだが、人間の日々の営みのなかで野生動物から人身事故の被害に遭うということは大変なことだ。

今まで学校は下校時に「危ないから全員スクールに乗りなさい!」と総出で指導していた。
「ジャー朝は熊は出ねーだかい?」といやみのひとつも言いたいところだったが、「じゃー朝もスクールに乗りなさい!」となることは目に見えていたから言い出せなかった。

今度の事故を受けて大町市では「対策会議」をしたらしいから「安全対策」が出されるはずで子供の登下校はスクールバス対応になることは目に見えている。
ご時勢だから反対は出来ないが、人間の方がおびえてどんどん後退すると、だんだん彼らのほうがのさばることになる。

そういえば学校の回りが随分「静か」で、「子供らしい騒ぎ」とはいかない。
何よりも「人間の存在」を彼らに「意識」させることが大事なのだが、人間の方がどんどん引っ込むから彼らは楽だ。

人間の方がもっと毅然としてテリトリーを守らないと・・・

山郷はだんだん人の存在感が薄れる。「彼らが相当びくつく環境を作らないと・・・」

「過度におびえること」はあまり「いい対応とはいえない」のだが、なかなか声を上げられずにいらいらしているtakeyamaです。
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

考えて美麻Show?

読んで美麻Show(読んでみましょ)に続いて考えるページも作ってみました。 結論はともかく一緒に考えてみるページになればと思います。 熊の被害防止  市内に熊出没情報が沢山あり、小谷中学校の生徒が重大な被害に遭った。  だから「スクールバスで通学するこ...
今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード