FC2ブログ

報告会

メンドシーノへの訪問から帰って、報告会の知らせがあったから出席した。(こちらにも

訪問団の報告だろうと思ったが、実行委員会が主催者だから「ずーっと」気になっていた事が判るかと思って出席したのだが。

合併に伴って、営々として守ってきた地域の人づくり事業の将来を占う意味で今回のシステムはかなり重要だと思った。
あらためて言うまでもなく今までは、事実上行政の一環で、財務規則など公務の制約の中では支出しにくい費用を、実行委員会経由でつじつまを合わせてきたと思うが、今回から文字通り「実行委員会」の運営になったから。

公金の支出は、早くから総額270万円と知らされ、「随分遠慮した予算要求」だと思ったが、市長と市議会議長が「正副団長(秘書同行)」として加わり、従来の児童中心の訪問が様変わりし、予算的に大きな変動があるはずだと思った。

今回の「報告会」が、訪問団が主催する「いわば内輪の関係者」への報告会ではなく、広く住民を対象にして、広く広報して行うものである以上、当然の帰趨として経費に触れた報告がされるべきで、それに期待したtakeyamaは肩透かしをくった。

大町の新旧市長も、議長や一部議員の顔もあったから、敢えて問題提起はしなかったが、実行委員会内部での報告でお茶を濁さない方が良い。
訪問者の先輩でモクエンが随行し、報告したことはとてもよかったが、最近の訪問者や父母の姿が少なかったのはなぜか?も検討したほうが良い。
関係者の努力に敬意は表わすが、「住民にどう認知されているか」も考えた方が良い。
「今まで立場上出た」人が出席しなくなったのはしかたがない。

訪問団の報告は、この事業の特徴で、事業前と事業後の落差がはっきりして面白かった。

先生や随行者の報告で1~2気になっらこともあったが次回。
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR
RSSフィード