FC2ブログ

地域づくり会議の発足

個人への文書での勧誘、CATVでのお誘いがある地域づくり会議の発足が予定されて、準備委員会代表の「下○」さんから「発足総会の通知」がある手はずになっている情報をキャッチした。

5月12日が予定されているようだ。

個人への通知に先駆けて「むら」に存在した各種団体に「申しこみ書」が送付され、「同意書」の提出が要請されているから「誰でも参加して良いのかナー?」等と気にしている人が多いと思うし、参加に逡巡している人が多いはず。

本来は地区民全体が「会議」に参加することが理想だが、「だらだら全加入」では「自治会」とかわりがないし、民主的な運営が確保されないから、「参加する意思をもった個人や団体」が「主体的に」地域づくり会議に「参加」し、「運営する事」が大事だとの共通認識になって、「ちょっと手間のかかった」発足総会になる。

団体の「同意書」はちょっと違和感があって、「加入に同意する」形式より、やはり「参加を申し込む」形式の方がよかったと思う。こんな事にこだわるのがtakeyamaの変な癖で、なかなか直らない。

5月12日はあいにく都合があって出席はできないが、「会議に加入する事」は「個人」として、今日事務局に申しこんだ。「山留の会」はもう少し内部討議を経なければ参加できないのだが、今回の農家の掘りだしの経過(こちら)から、「参加したほうが良い」と思ったので「その方向」で検討したいと思う。

参加を検討している方は大勢参加したほうが良い。「そのほうが得」だと思う事が良いのだが。

藤友会は参加を決定した。

緊急の課題は「地域情報としての、身近な行政がらみの情報発信」だと思う。
支所は、情報発信をしないから(本庁への遠慮だと思う)それに代わるものとしてやれば良い。

近頃、ウェブ上ではポケットニュース(こちら)がやってくれているが、「地域情報」として「認知」されたものになったほうが良いし、活字情報の発信はより重要だ。八坂の支所だよりの情報(こちら)もある。
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード