FC2ブログ

テレビ電話と山村留学

「山村留学と言う言葉」と「山村留学という制度」はちょっと乱暴な言い方をすれば「規定」がないから、それこそ「かって」だ。

最近はある程度重要視されて来たからもうちょっと収斂されてくるだろうが。

今日の「○○タイムス」に、小谷の山村留学に「お金」と「テレビ電話」が寄付された記事が載って、随分好意的に報道された。

村が「学校統合に伴って山村留学の必要がなくなった」として補助を打ちきることを決定したのだが、必要性を認める住民が(一般からの助成を得て)山村留学を継続することになったから何かと話題が豊富でマスコミに登場する事が多いのだが、「テレビ電話寄付」には「ちょっと?」のtakeyamaです。

山村留学が「親から提供される費用だけでは決して運営できない」ことは「厳然とした事実」だからいずれそれ以外の応援が必ず必要だ。(こちらも

冒頭指摘したように、「山村留学制度」には「固定した決まり」は無いから、公的な支援では問題は起き難いが、「私の支援」になると「その人のポリシー」が必ず表面に出る。

takeyamaは里親との電話(もちろんテレビ電話はない)はもちろん、封書での実親との連絡は遠慮してもらっている。連絡は緊急の場合以外「葉書だけ」になる。

いろいろ意見はあるのだが、「育てる会の山村留学」は「一人一人が生きる力をつける」ことだと思うから、「子供は親離れ」「親は子離れ」が必要だ。

「封書は禁止!」というと「異議を称える山留生」は必ずいるが、知らない人同志が一緒に生活する場合は必要!」というと「我慢する者が多い」

農家の「ちょっとした厳しさ」を演出する上で「案外重要だ」と思ったのが10年の経験。もっとも「猛者」がいて、親子の連絡に「異国語」を使われれば「どうしようもない」という農家もいたのだが。

「煮て食う」つもりも「焼いて食う」つもりもないが、親の「ある程度の覚悟」がないと「育てる会の山村留学」は成り立たない、と思うtakeyamaです。

山村留学は「やり方がいろいろある」から「よく選んでほしい」と思う。

離れていると親子の関係は「良いとこどり!」になりがちだが、「親もがんばってほしい」というのが、山留農家30年の「スワの父さん」がいつもいっていることです。

合併後の新市では、2000万円位の財政支援の予算は議決されているから、今度は「一定の成果を生み出す努力」をしなければならない。(こちら
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード