FC2ブログ

地域づくり会議

ポケットニュースに「地域づくり会議」のニュースがのった。(こちら

地域自治組織(takeyamaは住民自治組織と言っているのだが、なかなか定着しない)を「地域自治組織設立準備委員会」で議論した事を含めて整理しておきたい。

主に制度の面から

地域づくり委員会
 大町市の条例で規定されているから、市では「公式の地域自治組織」と位置付けているが、委員は「市長から委嘱」される。美麻分は推薦する者が決まっているこちら
市長から委嘱される「市の特別職」だから「厳密な意味での住民自治組織にはなりにくい」と思うtakeyamaです。「究極のガス抜き機関」になるかもしれない。委員を選挙的なもので選べば「住民自治が根付く」と思って提案した事もあったのだが、「あっさり、ボツ」になった経過もある。(こちら

地域づくり会議
 制度的には何の保証もないから、いわば「本物の住民自治組織」だと思う。呼びかけ人(準備委員会委員長○條さん)から、「山留の農家会宛てのお誘い」があった。「全住民に呼びかけるべきだ!」とは何時も主張するのだが、どうしても「全部宛て」の方が後になってしまう体質があるのが残念。しかも「会への加入を同意してください」とあって、少し「かちん!」としている。
本来は「申し込む」スタイルをとるべきで、「加入を前提」にして募集すると「自治」にはなりにくいと思う。
全住民を対象にした「呼びかけ」はあるはずで、もちろん人数の制約はないと思うし、自由参加だから「takeyamaは参加しようと思う。
市から補助金がある見込み(こちら
会議の事務局は支所の「地域振興係」がする予定。

公民館
 社会教育法に規定されているから制度的には住民自治ではなく、行政自治の一環だが、住民自治との境は微妙。行政自治が目指す「公民館の運動や活動」は、「究極のところ住民自治を促すことになるはず」と思うのがtakeyama流。
スポンサーサイト



comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

地域づくり会議への参加

地域づくり会議への個人参加を検討している方がいると思う。美麻テレビでPRもしている。役者の健闘に敬意は表わすが、「ちょっと面映くて」中身が頭に素直に入らないtakeyamaです。前
今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード