FC2ブログ

3首長の約束

美麻のコミュニティーセンター・支所の建設は3市町村長のうち合わせがあった。もちろん公式なものではないのだが。

八坂と大町は「情報環境整備」美麻は「支所建設」だという事を「3首長」は話し合った。

だから「大町の市議会で情報施設整備」を提案した。「検討事項」の方向を受けて「はじめからし切りなおし」になったのは市長にとって誤算だったと思う。「再出馬せず」の「原因の一つ」といったら「違う」とはいうだろうが。

今度の一般質問でいろいろ意見はあったが、八坂の情報化施設整備はすでに契約済みで、専決の補正予算に計上されても予算は執行済みだし、民法上の契約は覆せないから「宅内工事」も出来あがる。

八坂の「デジタル受信用備品」も契約済みで、答弁では「無償貸与」と言っていたから、専決予算に盛られた美麻分のその費用も八坂の装置と同一歩調を取ることになる(はず)。

八坂の事業は「本庁」に引き継がれても、「粛々と」実施されるはずで、美麻の装置は今は予算の段階だが同じことになる(はず)。
コミュニティーセンター構想は多分「財源(過疎債可能)」と「市民感情(旧市に支所はないから)」に配慮したものだろう。旧村は「役場改築」の起債を「合併を控えて!」と許可権限者の県に断られたことがある。

首長の約束?によって「事業の頭出し」に「分に過ぎた案」が提示されたらしくて、市の議会で「かなり強い異論?」が出て、支所長の「見なおす」発言でようやく収まった。

前にもいったが、住民は元より議会にも提示されたものではない。
真摯な議論がほしいが、「支所的なものが必要」な事は「共通認識」のようだ。
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

支所機能を持つコミュニティー施設の行方と地域づくり会議

美麻のコミュニティーセンター・支所の建設は3市町村長のうち合わせがあった。ことは3首長の約束で書いたが、示された平面図に市の議会で異論が噴出し、支所長の「はじめから検討し
今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード