FC2ブログ

入園式(保育園)

美麻村保育園では最後の入園式と言うか、「今度の卒園式」は村長の「保育証書」が出ない、と感慨を持った入園式があり、9人が入園した。
健やかに成長してほしい。
 
合併後は保育園の管轄は「美麻支所」では無く、市役所の直轄になる。
学校教育は通学区によって、美麻地区の住民の子供は美麻小中学校に通学する決まりがある(個人の事情によって区域外通学の制度もあるが)。
保育園は制度上そう言う事はないから、事情によって何処の保育園に出してもよいことになる。
もちろん「個人によっては都合が好い事」があるのだが、反面「美麻保育園」を存続するためには「個人によって都合が好い美麻保育園」にならないとその存在価値を失う。
いくら協定書で「美麻保育園を存続する」とうたっても「都合が悪くて大町の保育園の方がよい」事になって利用者がなくては存続できない。
利用者の意向を把握して「好い保育園」にしなくてはいけない。
美麻保育園にとって今何が必要なのか?
残り9ヶ月、皆で考えましょう。
スポンサーサイト



comments

こんばんは、大糸タイムスの記事の中、理事者が保育園の存続を約束し取り組みを明言しましたが、合併後も責任を持つとの発言なのでしょうか?
皆で取り組むべき問題なのにね・・・・・

学校も保育園も協定書には確かに「残る」とかいてあるが、「それは当初のことでしょう?」との協議会の大町側の委員の発言があったことも事実。
協定で始めから「残さない」とは言わない。
協定書を呪文のように唱えている理事者は合併でタダの村民になるわけで、「残すと言った!」というだけの力しかない。
manamiさんの言うとおり保育園も学校も「地域にとって必要だ!」との意向があってそれにふさわしい利用者があることが前提になる。
だから「皆で取り組む問題」との指摘はまったくその通りだと思う。
メンドシーノ交流や山村留学、除雪水準でも同じ事。
除雪水準は「維持に努める」から「維持する」に表現が変わったことは村民全てが承知していることが必要。

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード