FC2ブログ

大火の歴史 2

大火の歴史の鎮火祭の様子はCATVで収録されて放送されています。
ご覧ください。
土の匂いのする祭りの様子がよく出ていると思います。
その時の火災は、火元で1人の犠牲者が出ています。その他には犠牲者は無く、馬がいた家が多かったのですが被害は無かったそうです。
隣近所の様子がわかるから他所の馬でも避難させた人が大勢いたわけです。
家の母親の話では「干してあったオムツを棹ごと持ち出したら火がついていた」とか、「家財の持ち出しに靴を脱いで家に上がった」とか笑えない話があります。
地域中が被災し,全員がゼロからスタートしたわけで、地域のまとまりはよくなり、その後の水道の共同事業などに活かされました。

番組の中で、「昭和32年に二重からご神体が帰って来た」というのは「昭和23年」の誤りです。
明治以前は何処の小集落でも氏神様をまつっていたのですが、明治政府の方針で今の区単位に合社されました。
各神社にその名残は有ります。
宗教と政治が直接つながっていた頃の話です。
藤の地域は、不便なので二重に合社されていた物を本来のところに帰してもらったので、それが昭和23年なのです。
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード