FC2ブログ

地域づくりとPTA

地域自治論について活発な書きこみがあった。 「地域自治論議の根幹に教育を据えるべきだ」との意見はもっともだと思った。 「エレーこんだジ、美麻の教育環境が好いデ、美麻に家(うち)建てテーって言う人がいるだゼ」 ○会での雑談です。 ある意味で美麻の教育環境は、村民の評価を超えているが、takeyamaはズート感じていた事だ。 要求して得られたか、上から授かったかはともかく。 小さな村の大きな国際交流「美麻の子供は全員」小学校でメンドシーノに訪問する。大きな事だ。 山村留学の修園生とその保護者の「美麻の応援団(小西教授いわく)」が全国に展開する。 転校生が必ず評価する「自校の手作り給食」。これらは立派な財産だと思う。 「住民自治の根幹に教育問題を据え、それはPTAが中心になる。」 PTA活動の評価を、会議だけにとどめずに廊下での話しや電話での噂話まで広げた評価は新鮮で、もっともだと思う。 PTAの活動に期待する。 「もっとも活発な議論」が「建設的に展開できる」組織として。 そして、結果はともかく「途中経過の大事さ」を説く意見は大事だと思う。 それはそれとして、現実的に事態をより良く解決しようと活動する勢力にも敬意を表しながら。 日和見のtakeyamaです。 PTAは協議会の地域自治組織では、地域づくり会議に該当すると思う。 (協議会の地域自治組織を参照)
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前回記せなかったことを。 メンドシーノへの訪問を決めた時のこと。訪問の誘いを受けて「やりたいナー、やらないとどうせ何処かに(変な事に)金を使われる。」課長等の会議でtakeyamaは言った。当時、姉妹村の調印はして、メンドシーノ側からの訪問が旧遊学舎....suika

合併論議の中で、メンドシーノ交流や山村留学の存続に不安を感じた村民の多くは合併の方向に舵をきりました。協議会もいち早く学校、メンドシーノ交流、山留の存続を打ち出して村民の不安解消を図っています。だが、これらの存続に役所の力を期待は出来ないのです。suika-toh
今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード