FC2ブログ

地域自治

2回目の設立準備委員会があったので出席した。 出席者が半分強で空席だらけ。 第1回の後アンケートがあり、カメラを拒否する声があったとかで、結局CATVの取材はない事になる。 1回目の放送結果を出席した側から見れば、何の為の取材か?疑問でもあった。 何時も感ずることだが、「問題を自ら明らかにする姿勢」がない広報は意味を持たない。 会は6人くらいの小班にわかれての話合いとなる。 今までの「諮問委員会」形式とは様変わりで、出席者はなにか必ずしゃべる事になり満足したかもしれない。 takeyamaは? そもそもこの会は、村長がいなくなった時の事を話し合うのだから役場が主導しても違和感がある。どうやら「自治を考える人間を増やす」ことに主眼があるのかもしれない。 そんなわけで、この会が「なにかの結論」を出す事には問題かも。 立場も意識もかなりのずれがある感じだ。
地域自治組織設立準備委員会が名称だが、「地域」と「組織」が入ったために現状の「区(合併後は自治会)」との関係が抜けない議論になる。 今は村の決まり(区は規則・区長は条例)だが、合併後は任意の団体の位置付けになる。そのことに、現状が立派な組織であるが故に気がつかないかいきらいがある、残念だが。 組織論では色々の意見がでる。その時、実はコントロール者(村長)はいないのだ。 遠回りかもしれないが、「なにもなくなってから出なおす事もあり」かな?と最近思う。 一番は「役場や村長に関係なく地域を考える会のようなもの」ができることだが。
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード