FC2ブログ

合併協定の行方は

結局のところ「大町市の議会」が決める。 編入合併だから当たり前だが、合併しても現大町市の機関は議会を始め全部が残る。決まりごとは全部大町市のものが適用されるのが本来の姿だ。合併協議会では当初合併方式を決めずに協議に入り、耳障りのいい(編入される側に)協定が行われたが、合併方式の決定後、市民の反発に反応した「大町市の議会の力」で議員在任特例の適用から定数特例への変更がその辺の事情を良く表している。 現大町市の規定にない制度や変更したい規定は「今の大町市の議会で法規(条例)を作らない限り実効力はない。」美麻や八坂が議会を含めていくらがんばってもどうにもならないのが現実。 18年1月1日を控え、それまでに条例改定(今の大町市の)が行われなければならない。 その議会が、「10月25日から3日間臨時会が開かれる」と報告された。 前に何度も話題にした簡易水道条例も、村営住宅の家賃、市営バス、支所の機能、保育料なども条例改定される。合併協定のとおり提案されるはずだが、簡易水道の協定は市民平等とは言えないし、市営住宅の家賃の暫定措置は法規定上は変だから「気がついたから矛盾を直して議決する」ことになることを望むのだが。 臨時議会を待たずに9月定例会で、18年1月1日から地域の呼び方を変えることは提案される。「北安曇郡美麻村」から「大町市美麻」にすることが大町の9月議会に「条例改正」として提案される。「大町市大字大町」も「大町市大町」に変えることも同時提案だ。年賀状にはご注意を!「合併後は新市」だが「呼び名は変わらない」から「提案されない」のが現実。 中小企業振興条例改正で委員の人数を増やすことが提案されるから、編入村からの分に配慮したものだろう。 ちょっと横道にそれるが同時に大火災の復興支援に対応した改正もあり、補正予算では700万円位の補助金が計上されているからこれへの対応だと思う。復興支援の「スピードが遅い批判」はあるが、「条例を改正してルールをきめてから予算を議決」し、「その後に事業を行う公のあり方」は新市民としてしっかり理解しなければならない。「特定者の個人的裁量」で「どんどんことが進んできた」どこかの村は違いに早く気がつくべきだ。
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード