FC2ブログ

農の心人をつくる

山村留学(育てる会)の真髄は「農の心人をつくる」にあり(とtakeyamaは思ってい)ます。

相川トンネルと美麻小中学校にそれを主張する看板があります。自然への畏敬に根ざし、四季を背景とした農山村の営み、その厳しさが子供の成長や生きる力の育成に欠かせないと育てる会は考えているようです。

育てる会の創始者「青木孝安氏」はそんな理念で「長野県の教員を辞めて」「山村留学を始めた」と聞いています。

近頃はその「農山村」も本来持っている「農山村の教育力」を失っているとtakeyamaは思いますが。

そして、「食育」に不安を持つ人達もこの管内に増えて、食と農の係わりが大きなテーマにもなってきています。

「2005大北地域食と農を育むつどい」、(10月8日、八坂のアキツ)が計画され、「10秒間黙祷」と食べ物(食材)の命に黙祷して日々食事を始める山留生を指導する、育てる会の青木理事長が講演します。

2003年のつどいにはtakeyamaが30分ほど体験発表し、ある程度は参加者にショックを与えたと自負していますが、いよいよ本番です。

山留の創始者の話は必ず参加者に感銘を与えると思います。多く方に参加を呼びかけます。

takeyamaの相方も農村生活マイスターとして主催者の一部になっています。
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード