FC2ブログ

地域づくり委員会の委員は

「村で決められるかもしれない」状況だ。いわば「今はなんでもあり」の状態だと言う事で、ちなみに八坂は地域振興会「6」(美麻の区のようなもの)+団体の代表+公募(2~3名)+オブザーバー=15人以内らしい(協議会資料から)。 地域の工夫が生きるという事だが、この委員会は新大町市の条例で規定される事が決まっていて、市長が委嘱する「特別職」だ。正式には市長が委嘱するが、「地域自治組織」だから、「地域で決定しても良い」のではないか?という事。 あるサイトがあって、合併後の地域組織が検討されているが、「地域づくり委員を選挙で選ぶべき」だと言う意見が多いようだ。「地域自治組織設立準備委員会」では一応「地域づくり委員会のあり方(特に委員を選ぶ事)」には言及しない事にいったん取り決めたのだが、話が佳境に入るとこれをやり過ごす事にはならないかもしれない。 そこで私案、委員を選挙する事はいいことだと思う。なによりその事を通じて地域づくりの関心が飛躍的に高まる。現に実施している市もある。 サイトではその方法の議論がある。今の区長がそのまま移行したり、区長の選挙方法を踏襲する事は良くない。民主的な手法がとられず、談合そのままだからだ。 正式には市長が委嘱する者を「選挙する」のだから、もちろん「選挙管理委員会」の出番は無い。「支所の公務」に該当するかは疑問だが、支所の業務に「地域づくり委員会」に関することが盛られたから大丈夫だとは思う。
候補者だが、もちろん区長は候補者(直接委員になるわけではない)に入ることにはなるだろう。立候補は自薦・他薦をみとめ、投票はアンケート方式の郵便投票、公選法は適用されないから「候補者1名を記入」ではなく、全氏名記入の用紙に順番をつけるか○×方式の「複数記入方式」ではどうだろうか? 「市会議員」はおのずから役割が異なるものだ。委員は選挙はしても「長から委嘱される市長の諮問委員の性格」も持つ。議会議員は地域の代表にとどまらず「新大町市の行末を論ずる役割」がある。 選挙年齢は公選法と一緒でもいいが、公選法上は権利が無い外国人やこの間鈴木教授の言った「2地域居住者」にも門戸を広げたらどうか?
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード