FC2ブログ

収穫祭、○いの場合(わら細工)

育てる会の山村留学で一番の特徴は収穫祭です。もちろん農作物の収穫に感謝します。農業の一部は「神の世界」である事を実感します。 同時に、心の収穫として、体験に基づく「個人研究」も大きなウエートを占めます。 今日は「○い」の場合です。彼女は中学2年、今年の研究テーマは「わら細工」です。 昨日と今日「隣りのおじさん(おじいさん?)」に習いに出かけました。もうこのあたりでも、もちろん「わら細工」は実用ではありません。唯一「用事」があるとすれば。年末年始の飾り物だけで、となりの「父チャン」も「わら細工」と聞いて「その辺」を想像したようですが、「わら草履」と聞いて「めんくらった」ようです。 「わら草履」が実際に用事が在ったのは、かれこれ50年以上前で、takeyamaは小学2年のときに祖父が作ってくれた草履が学校で間違えられ(新しかった)「頭にきて」「はだし」家に帰り、担任の女の先生が心配して後からついて来た事を覚えていますが、となりの爺チャンも「自分で作って履いた経験」はあるのかナー。 爺チャン、とにかく慌てて、「わらをすぐり」「たたき」「きりを吹いて」昨日は準備しているのが確認できました。なんだか「いきいき」していて、彼女の学校帰りを「心待ち」している様子がうかがえました。 昨日(12日)の様子を聞いたら、「なかなか上手い、縄をなう手つきがいい」「あんまりはるかで、俺の方が間違えちゃった」と言って「ニコニコ」していました。 結構手際のいいものが出来たので聞いたら「ほとんど自分で作った」と言っていたから「まんざらお世辞でもない」ようです。収穫祭までにはもう何足か作る計画のようで、「材料のわら」の用意と、「○い」が「スカートでわら細工に兆戦しない」ことを祈っている農家の父さんです。
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード