FC2ブログ

地域づくり委員会委員の選出(選挙)

「合併後の地域づくりは住民が主導しないといけない」ことは明らかで、その検討機関(地域自治組織設立準備委員会(以後準備会)にtakeyamaも入っている。地域づくり委員会委員について、前に述べたのだが、今度の準備会に次ぎのことを提案したい。

地域づくり委員の選出に関するtakeyamaの私案

地域づくり委員に関する認識は、1、市が設置する市長の諮問機関の性格が強い一種の行政組織。2、市長が委嘱する非常勤特別職。3、今回は合併前の村長が推薦した者を委嘱する。4、15人。5、村の都合で両村違っても良い。6、持続可能なこと。で、

現状の認識では、1、地域自治組織の住民への浸透が重要。2、そのためメンバーの住民合意が必要。3、委員の選出について住民参加が重要である。

そこで私(試)案。1、公選法の適用を受けない、単記でない選挙方式採用。2、選挙者、20歳以上の住民に、定住外国人、2地域居住者の内希望者。3、被選挙権(候補者)は住民と地域内事業所設置者及び勤務者。4、自薦のほか他薦(要承諾)を重視。として、5、選管ではなく支所の業務。6、具体的には、往復葉書利用のアンケートに近いものとして複数記入等の方途を講じる。として費用は葉書代で10万円程度。

面倒くさいかもしれないが、住民参加や民主性は確保されるかなー
スポンサーサイト



comments

委員に関する認識で、「15人」は「15人以内」に訂正、「村長が推薦する」のは話し合って「決まっている事ではない」事だそうで、「多分判らないからそうなるだろう」という「事務屋の読み」だそうです。大勢に変化はないと思いますが重要でもあります。
sizuka

選挙(投票のイメージが払拭できないから困るのだが、実際は意向調査に近いもの)は現実的ではない。」と言われるのだが、市議会に提案された条例案では「地域内勤務者や2地域居住者等」は委員になれないことになっていて、その面ではtakeyama私案は確かに非現実的だ。条例案を承知していて言われたのかナー

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

地域自治組織設立準備委員会は「地域づくり委員会のあり方」を検討していますが、10月25日から始まる大町市の臨時議会に「地域づくり委員会設置条例」が市長から提案されます。提案議案が始めて手に入りました。準備委員会の議論に関係するかもしれないので報告します。.
今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR
RSSフィード