FC2ブログ

地域自治組織の住民説明会

区(合併後自治会)で、自治組織の説明会があったので出席した。

住民の参加は少なく、関心は広まってはいない?

組織論を説明する会なのだが、「地域自治組織設立準備委員会を20回」といった発言で、あたかも組織は「準備会で決めた」ように臭わすのだが、「具体的な組織」の部分は「役場の職員(通常の仕事とは別ルートで出発したらしいのだが、最後は課長会議という仕事ルートに乗った様)が検討して提案しているもので、準備委員会が提案したものでは無い。

地域づくり会議の論議は「時間切れで出来なかった」し、地域づくり委員会は準備委員会が提案したものとは全然違う。推薦と選挙の2案が併記されたがその精神的な部分を今回説明しているものでは全然生かしてはいない。独自なものだ。地域づくり委員会については、意図したのかどうかはともかく、なにも触れなかった。責任と自信をもって説明した方が良い。

いわば「劇的な変化」が必要な「住民自治」が住民の関心を呼ばない。takeyama提案の「選挙方式」は「住民の関心を呼ぶ」ことに「最大の効果」を期待したのだが理解はされなかった。

地域づくり会議は「この指とまれ方式」だが、「個の意識に基づく参加」には一定の理解をする。数は多くないが、会場にその意識がある数名がいたから参加を促した。「義務ではない自主参加を基本にして参加を拡大する」ことに協力したり見守っていきたい。

支所の職員が「住民として総参加」してほしい。「仕事の義務感」を離れて住民と一体になれば「わずらわしさが半減」されるはずで、「楽しい」物になるはずだ。

その意味で、説明会が「職員の仕事ルート」では無く、「職員のいわば住民ルート」で行われた事は評価したい。

「住民自治への関心」をどう引き出すか?が課題で、自治会ルート以外の道を探らなければいけない。

準備委員会では相当議論があり、期待もされたPTA側からの出席者は無かった。そちらでの議論はどうだろうか、心配と一緒に議論が進むことを期待したい。

かく言うtakeyamaとて参加母体の農業委員会ではなにも議論していない事を自覚したのだが。
スポンサーサイト



comments

遅まきだが、農業委員会があったから「地域づくり会議」のメンバーになるよう促したから勘弁してください。

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR
RSSフィード