FC2ブログ

大祓祭

29日は毎年大祓祭 1年中の(気づかなくても)罪・けがれを形代に乗せて祓い、身を清めて新年に向う産土の祭りだそうです。 それにしても寒かった。お神酒が凍る寸前。 村生まれ、75歳の高齢参加者が「始めてだ!」といった。お宮の森木の中の雪の量はtakeyamaも始めての量。 今年の年越しはお宮で「お篭り」当番。大雪だが参拝者はあるのかナー。 昔は吹きさらしの社務所で一晩過ごしたのだが、今はサッシの戸がついて、電気毛布だから楽になった。 結婚した年に「お篭り」で家を空けて、若かりし母さんに「変なところに嫁に来た」とあきれられたことを思い出している。
スポンサーサイト



comments

東京で初めての年末年始を迎えます。近所の神社の前でしめ縄をないながら売っているおじいさんがいました。時間の流れが速く、年中行事なんて自分自身が特に気にしていなければ全く知らずに生活してしまう街で、なんだか安心する光景でした。

一家を構えて「新しい○○家」の新年を特別の感慨を持って迎えてください。
「特定の場所を神棚に見たてて、お神酒でも供えてみては?
「ちょっとした区切り」があった方が「好いのかも知れない。」

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード