FC2ブログ

終わった!

憂鬱な1年が終わった。
12月に総選挙があって、状況が変わった。

めちゃくちゃな政治運営に辟易していたのだが・・・

選挙権を得て始めてのことだが、今回の小選挙区選挙では完全な無効票を投じた。
『判り切った無効票を信念をもって投票した』のだが、いまは、ちょっと「ん?」と思っている。

前回の衆議院選は自民党の国家運営に怒って政権交代に未来を託したのだが、交代した側の民主党は官僚側に飲み込まれ、自民党を超える悪政(と思う)側に転換し、以前に増して『官僚が牛耳る政権になった。

完全に頭にきて『一時マスコミにもてはやされた第3極』に期待したのだが、『競争原理の体質』と『TPP』問題に違和感がある。
自分の思いにぴったり政党は小選挙区に候補者を立てられない。
まさに『自爆テロ』の解散で、『戦うべき相手を違えた解散劇』だから、準備期間が短くてどうにもならないのだろう。

新聞やテレビは争点になるべき事項を『景気回復問題だ!』としてあおるから、『原発』と『消費税』のことは『小さなこと』になってしまった。
で、予想を超える『自民党の圧勝』で、案の定、あの大事故の後なのに、原発は復活の方向になる。
決して国民の多くが原発を支持したとは思えないのだが、政権は自信を持ってそれを推進することになる。
『そんなはずではなかった!』と多くの人は思うのだが、『後のまつり』というやつ。

でも、今回のブログのテーマはそのことではない。

この結果は十分takeyamaにも想像できたことで、こんなことにならない投票行動にすべきだった(ような気がする)。

実際の投票は『ベストの候補者』があれば最高だが、『相手よりちょっと良い!』のあるし、『相手より悪くない!』『あれだけは絶対に困る!』もあるのだが今回はその選択ができなかった。

相当の信念があって、断固無効票を投じたのだが、『良かったのかなー』と思っている。

年齢を重ねて、どうも『許容範囲』が』かなり狭くなってきた。

死んだ親父は『相当な人格者』で、いつも畏敬の念を抱いていたのだが、晩年は些細なことに怒って「え?」と思うことが多くなった。
決して間違ってはいないのだが、でも『ちょっとなー』だったことを改めて思い出していて、自分も後を追っている。

だんだん年を重ねて注意しなければいけないことのようだ。
自分流にいえば、『より正義に近づく!』のだが、冷静な第3者から見れば「ん?」なことがあることを気付かなければいけないかもしれない。

事実takeyamaを超える高齢者が、『自民党の行き方では自分のために、国のためによくない!』から『決して納得していたわけではないが、その対抗軸に投票した』と語ったのには『正直参った!』

そんなことで、ちょっと寝覚めの悪い総選挙だった。
『独りよがりにならない』ように、『老害にならない』ように、気をつけることが今後の課題になるかもしれない。


スポンサーサイト



comments

ん?

>国民の多くが原発を支持したとは思えないのだが
いやいやとんでもない、二次産業関連の方は全て稼働に賛成です。
たまたま福島の惨事を見たため表向きに「動かせ」とは言えず、
腹の中では貧しい電力事情を打開するため動かすべきを思っていただけのこと。
もちろん国の税金の大半は二次産業から産出されるので、
大手企業の意見を沿った形となっただけ。

Re: ん?

> 二次産業関連の方は全て稼働に賛成です。
> たまたま福島の惨事を見たため表向きに「動かせ」とは言えず、
> 腹の中では貧しい電力事情を打開するため動かすべきを思っていただけのこと。
> もちろん国の税金の大半は二次産業から産出されるので、
> 大手企業の意見を沿った形となっただけ。
なるほど納得!
原発でできた電気の恩恵を受ける側に再稼働に慎重な人間が多くて、何かあったら一番悪い影響を受ける原発立地の方に「早く再稼働して!」の声が多いのも同じパターンかな?
ちょっと思うところがあるから、いずれもう一稿起こします。

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
QRコード
QR
RSSフィード