FC2ブログ

年神様

今年の年賀状には『年神様』を使った。

年の最後の日から年初に、各家の『松の木』に神様が訪れ、正月中その家にとどまる(と言われている)。
だから毎年松の木を採って家の中心に据える。
それを『松迎え』とか、もっと丁寧に『お松様を迎える』とかいう。

神様が降臨したものは『年神様(と言われ)』で、お年取りから(12月31日)から正月中は在住する(と言われている)。

注連縄(しめなわ)は神様のいる神聖な所と普通の人間の生活の場を分けるものとして位置づけられている。

ついでに言えば、玄関に飾られる門松は、「この家にお松様を迎えてありますよ!」という『目印』で、年神様がそれをめがけて降臨する。

近頃、お年神様を迎えてなくても、いわゆる外観向けに門松だけが飾ってある家が珍しくないし、松が無くてしめ飾りだけが飾ってある家も多い。
本来『本末転倒』だが、そんなことが無視されていることが多い。

これらの飾りは売られていて、海外で生産され超豪華なものも多い。
事は『神様がらみ』のことだから、自分で作ったものが『みてぶりは悪くても高級』だと思っているから、takeyamaは全部手作りしている。

田の神様、水の神様、火の神様、山の神様、家の守りの神様、知恵の神様、昔はそれぞれに神様が訪れると言われていたからそれぞれに松を迎えた。家中で相当な数になったし、それらに毎日食事が提供できない(大変だ)から、その間の食器がいわゆる『おやす』で、洗い米と尾頭付きの魚をいれて勘弁してもらった。

それらの臨時の神様を祀った諸物を、正月が終わって、本来のところに神が帰った時に、『お炊き上げ』するのが『おんべ』だ。
それが『おんべ』自体がイベント化して、年神様がまだいらっしゃる正月中に済ませてしまうのが、すでに一般的になってしまった。
おんべは、『単に枯れ草を燃やすもの』ではなく、『年神様をお炊き上げする』ものだということを子供たちに伝えてほしい。

元々は15日までが正月だったのだが、正月=松飾りがある期間=松の内で、藤は何時からかはわからないが、『7日まで年神様を祀る』と短縮した。
七草がゆの風習が一般的だから、まんざら根拠のないことでもないようだし、『7日までが松の内』という言い方が一般的だ。

そして、今の古老達が生まれる前から、七日のおんべは続いているし、戦後いわゆる新生活運動でほとんどの地域が一時的にやめてしまった時も『今の場所で、同じ方法』で続いていて、途絶えたことがない。

おんべは本来『子供だけの仕事』だったのだが、子供の数が少なくなったし、子供自体能力が亡くなってきたから、数年前から地域あげての事業になってしまった。
八〇歳の老人が嬉々としておんべを作っている姿もまた『おつなもの』だが、子供たちが『完全にお客様』になってしまった現状は、危惧される事態だ。
以前は『社会生活の力』をこんな行事を通じて先輩から教わってそれぞれ付けてきた。

『年神様の松迎え』は死んだ親父から『12月13日にするもの』だと言われてきた。となりのじいちゃんはちゃんと今年もそうだった。

ずーっと『なぜ12月13日なの?』と疑問だったのだが、京都の芸妓さんだか舞妓さんが芸事の師匠に『新年のあいさつ』を12月13日にすることが報道された。
これを『事始め』と言って、この日が『新しいの年の準備を始める日』だそうだ。

『松迎えの日』はまさに『新年の準備を始めてする日』だ。
『長年のもやもや』が晴れた気分。古希にもなって初めて知ったこと。
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
QRコード
QR
RSSフィード