FC2ブログ

母校90周年

5月28日、農学校が開校90年を迎えて記念行事があった。

記念事業は第2農場の日輪舎を登録文化財に指定してもらって、利用できるものに再生した。

もう卒業して50年だが、その時代は週1日(わがクラスは金曜日)第2農場で農作業があり、お恥ずかしい話だが、高校入学まで自転車に乗れなくて、第2農場への通学にどうしても自転車が必要だったから、月の明かりで練習した思い出もある。

第2農場での際、日輪舎は日常的に使っていたし、年に数回は合宿したこともある。
近頃使用が危険な状態だったらしいが、この際整備したことは、当時を知る者としてうれしい限り。

で、記念の行事だが、式典に欠席してしまって大失敗。

生徒会長が在学生を代表してあいさつしたようだ。
takeyamaは生涯ただ一回(もうないと思う)仲人をしたのだが、その夫婦の長男が生徒会長。

ちょっとした自慢話だが、takeyamaは昭和34年時、生徒会の副会長だった。
およそ50年の歳月を経て美麻から後継ぎが出て、しかもtakeyamaを乗り越えたことに感慨を受けた。

式典に出なかったので彼の挨拶を知らずに祝賀会の後グランドであったら帽子をはずして挨拶してきた。
小学校1年ころの作文で『スイカをいっぱい食べたい!』というのを見て、自分で作ったスイカを届けたことなどを思いだして、今の成長ぶりに感銘した。

子供の成長にはびっくりする。

もうひとつのびっくり話。

恩師(当時の担任)は母校の出身で、担任の後校長にまでなったから、今は同窓会の顧問になっているのだが、もう米寿に近いはず。
担任当時『ヤイヤイ、高校生が女の子と遊んだり、タバコを吸ったり酒を飲んだりするのはいいことじゃねーダゾヤイ』『もうちょっとコソっとやれヤイ』と何時も言って、『目が笑って』いた。
やんちゃな同級生(もちろんtakeyamaも含んで)を守るために『職員会等で、大分奮闘した』ことは、卒業の後知った。

その担任に祝賀会であったのだが『近頃足が弱くなってしまって、旅行できなくなった!』という。これが外国へのこと。
中国へは日常的に足を踏み入れていたのだが、『もう1回ベトナムに行きたかったのだが・・』という。
氏の旅行はツアーに乗るものではなく、民衆の中に溶け込んだものだ。そのパワーに圧倒される。
この間『夜行を使って国内旅行して、歌を100位は作った!』とものたまった。

ちょっと大きめな車に乗っているのだが、『この間失敗して免停をうけちゃって、塩尻に通って短縮してもらった!』『かーちゃんに怒られて!』というのだが、思わず『80過ぎての免停は、勲章みたいなむんだジ!』と言ってしまった。

『もう年だから!』と、1500ccから1200ccに乗り換えたtakeyamaだが・・
まだ『あまり年寄りになってはいけないかな?』と思ったtakeyamaです。
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード