FC2ブログ

準備順調

新年早々棚田復活に取り組むことを宣言した。

去年から作戦は実行していたのだが、昨日ほぼ田植えの準備ができた。
『棚田保存会』に多くの応援をもらった。

いつも言うのだが、棚田に経済活動のメリットは少ない(ない)。
一種の使命感で取り組んでいるのだが、少し地元の理解は出てきたようでちょっと楽しい。

連休中は多くの人が訪れて、棚田の基盤整備を手伝ってくれた。
マー『何か仕事を造る』必要があって大変だったこともある(失礼!)。

14日に『植え代』をしたが、再生田の方は心配した通り『水持ち』が怪しい。
壮大な『葦の根』があったのだからそれが原因のようだ。
水管理が『相当やかましい』ことになりそうだ。
体重管理の結果『歩くことがあまり苦にらなくなった』からいいのだが・・

棚田の代掻きはトラクターだけではできない。
ちょっとレトロだが、『歩行型耕運機で泥だらけ』になる。
『都会の保存会員ができる作業で、かつ喜びそうな作業』だが、肝心の時にいないのは仕方が無い。
レトロな代かき
田植えイベントは美麻wikiで公開しているのだが、相当数の参加者はあるから、仮設のトイレを作った。
会員の手作り。節水型だが『洋式の水洗トイレ』で、もちろん通水してあるから機能はばっちり。
女性の方も安心して参加してほしい。
棚田にトイレ

用事の最中に見える風景
窓から
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード