FC2ブログ

恥ずかしいことに!

ブログの管理者として、このブログが『とても恥ずかしいこと』になった。
記事のトップが『スポンサーサイト』になってしまった。

何か書くときに、『大きなパワーが必要』になってしまった。

今、日本は『とてつもないこと』になっている。

takeyamaにも、過って若い時があって、日本の将来をそれなりに議論したのだが、それにはもちろん資本主義社会と社会主義社会の論議も含まれた。

論議の中で、『経済を継続拡大しない限り運営できない資本主義』と言うのがあって、資本主義の行く末には『ん?』だったのだが、旧ソ連の崩壊や東欧諸国の壊滅によってその論議は『勝負あった!』になった。

新たな需要が無い、生産活動の頭打ち状態に『みんないらいらしていた時に大震災』になって、不謹慎だが『大きな経済活動のチャンス』になる側面を感じた。

過って『朝鮮動乱』、『他国の戦争によって、日本が大発展』したように、『震災』が『大きな経済活動の需要が発生』した側面と捉えることもできた。
そこに『猫も杓子も自粛の流れ』ができて、東京都知事選はその最たるものになって、誰が一番もうかったのかは論議の余地が無い。

挙句、プロ野球にもその論調が導入され、『被災地に配慮』して『もっと静かに!』の風潮が一般的になった。

長野マラソンは中止され、民衆が行う『ちょっとしたイベント』や『地域の伝統行事までどうしよう?』の状態にtakeyamaは『ん?』を感じたし、中部電力管内の節電運動にも『ん?』で、『スーパーの売り場の電気を消してそれがどうした?』だった。

被災地を元気づけるのに『お笑いタレントはお笑い活動』しかないし、『野球選手は野球をやる』しかない。

そんな『世間の自粛風潮』に『ちょっと警鐘をならす作文を書き始めた』のだが、『発表する勇気がなかった』し、『それにビビった自身にも嫌気』を感じてブログに遠ざかった。

このブログの読者はそう多くないが、『どうしたい?、この頃書かないねー?』と言ってくれる人もいる。
この機会に、『大して影響力のないブログ』なのだから、気楽に書いていこうと思う。

震災はいずれ復興するのだが、原発の事故は復興に大きな支障がある。
人間が作ったものが壊れたのだから、いわば人災で、想定外はありえないはずだが、最先端の技術での対応ではなく、水をかける様などまさにアナログの世界だ。

一番おかしいのは、冷静な対応!を振りまくのだが、事実の発表が信用されないこと。
事態を小さく見せようと腐心しているのが見え見えで、だから信用されないこと。

原発の『大爆発をさせないために水で冷やす』、『水には大量の放射線や放射能が含まれて、外に大量に出てしまう』のが真相だと思う。
どっちにしても放射能被害から逃れるすべがないのが真相だ。

長野県の住民としては『大量に水を注入して、それが外にあふれ出て』も、『大爆発で、空に放射線や放射能が出る』よりは良いのだが、身勝手すぎるだろうか?

県の記録によれば、『3月15日』には『通常の3倍近い放射線』が『長野の空に舞った』。

takeyamaは69歳だから、『福島県産の野菜には恐怖感はない』が、あいにく『野菜は買って食べる習慣が無い』。野菜は『在るものを、在る時期に食べる』のだから、風潮被害に対応するすべがない。

魚は『腎臓病のたんぱく制限中』だし・・・
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR
RSSフィード