FC2ブログ

笑えない、笑ってしまう話題

なんとも納得できない。

本当は『大勢の方に迷惑をおかけしてすみません!』と言うべきなのかな?と言うことなのだが・・・

今日、藤地区は過ってないほどの人が集まったし、車も集まって実にものものしい騒ぎになった。

県の役人、市役所の2部門、支所の職員、警察は大町警察署を超えて県警レベルだったかもしれない。
マスコミも来たし、パトカーが集落の入り口をふさいだ。

まー『ほとんどが勤め人だから、給料の額を合わせたらどんなになるのだろう?』と考えたらうすら寒くなった。

事件の経過・・・
昼前、連れ合いが息せき切って迎えに来た。

『自分の家の栗の木に熊が登っている。親子連れだ!』
そこは集落のそば、近い家は直線50メートル位だ。

すぐに『危険だ!狩猟者に依頼してすぐに駆除だ!』と思ったから連絡したのだが・・・

ことはそんなに簡単ではなかった。
それから延々、暗くなるまで対応に追われることになる。

大町市は今『熊の警戒警報』を『他市に先がけて出している!』と自慢?している。
事件の場所は判りやすい写真などをあすにもアップしたいが、『藤井神社の南』と言う表現を『○家の西40メートル』と支所の職員に訂正させた。
危険の度合いの判断材料に違いがある。

狩猟者で有害鳥獣駆除を得意とする者は、当然『お役所担当者のゴーサイン』がほしい。
獣の駆除は『超危険性がある場合』を除いて、基本的に許可制。
危険の程度の判断は人によってずいぶん違う。

昨日、近くの村では出現した親子連れを射殺したらしい。

マスコミや自然保護者?達の反響が『ものすごかった』らしくて、お役人は完全なビビり状態。

『地域の人間』は全員、「駆除してください!」と要請したのだが・・・

市役所や県の役人は『直接の影響はなく無関係でも、自然保護者は怖い』からなのかそちらのは配慮しても『危険を訴える地域の住民の声』を聞き取るつもりは、全くない。

まー『お祭り騒ぎ!』をはやし立てるだけ(と感じた)。
警察も遠巻きにして集落の入り口をふさぐのだが中に住んでいる人間はどうするのか・・
笑ってしまう、笑えない状況。

集落の反対側、下側(西側)は主要地方道長野大町線がすぐ。
『追い払うべきだ!』と言うような流れ。
ロケット花火?
熊追い払いイベント?

笑えない、でも笑ってしまう状況。

だが様子がおかしい・・・

続きはあす・・
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR
RSSフィード