FC2ブログ

棚田の顛末 本物の赤飯

『顛末』と言うほど物事が終息を迎えたということではないが・・・

ここ何年か『からかってきた』のだが、この春棚田をちょっと復活した。

豊富な経験則?で、畑から水田化1年目は過肥料になることは判っていたから無肥料で作付けしたのだが、栄養成長は十分だった。

それでも肥料分が遅効きして、なかなか黄金色というわけにはいかなかった。
もっともお節句(6月5日)が田植えで、4~50年前の田植え時期と一緒だから、ここらあたりの通常の田植えよりひと月くらい遅い。
作付けしたのは古代米で、もち米の一種で、しかも相当の晩生種(おくて)。
ひやひやしたが、マーそれでも稔った。

このブログ美麻wiki他にも書き込みがあるのだが、次年度は系統だってアップしようと思ってはいる。

とにかくモミにはなったから希望者には譲り渡そうと思うから、案内を右上にアップした。

古代?神前に供えたご飯は赤かった。
いわば『だから赤飯』で、コメの品種が改良され、米が白米になってしまったから『過っての神前米のイミテーション』を作るために、今は『小豆を入れ、イロを追加して』赤飯にする。

だから、『古代米の赤飯は、いわば本物の赤飯』

子供たちの成長に合わせて、節目には『本物の赤飯』でお祝いしたらどうだろうか?
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR
RSSフィード