FC2ブログ

水上神社

ちょっと『ショック!』なことがあった。

水上神社は『みずかみ神社』であって、『みなかみ神社』ではない(と思う)。
『産土神社たる水上神社を崇敬する氏子』の皆さんはどんな感じをしたのだろうか?

明治時代から戦後まで『藤の産土様(藤井神社)』が水上神社に合祀されていたことがあって、そんないきさつは美麻wikiに記録させてもらっている。
そんなことでまんざら無関心ではいられない。

24日は地域の文化祭で、中学生の研究成果が張り出されていた。

中学生が地域に関心を持つことは大変いいことなのだが、「水上神社は『みなかみ神社』です!」というのには参った。

『出典基』が判らないので『軽々には言えない』のだが、『産土様の世界』は、マー『宗教と言うよりは、民俗や風習の世界』であり、この場合、その名称の類は『土地でいい慣わされている呼称』が『正式なもの』であるはずだ。
『出典基が宮司でない』ことは確認できた。
宮司が困っていた。

前に『青具』は『(あおぐ)ではなくて(あおく)であることを書いたことがある
地域の固有の歴史や文化につながることを勝手に変えてはいけない。

ウインドーズの言語では『あおぐ』と入力しないと『青具』にはならないのだが、takeyamaのコンピューターは『あおく』と入力すれば『青具』に変換するようにしてある。

『水上』を『みなかみ』と読むことも知っているし、『みなかみ温泉』のことも、高名な小説家があることも知ってはいるが、『水上神社』はやはり『みずかみ神社』であるべきだ(と思った)。

本来学校の方に直接伝えた方がいい(と思う)のだが、takeyamaにして『ちょっと気遅れ』するのでこのブログで『遠吠え』で『お茶を濁して』おく。
どなたか『中学校に伝えてくれないか?』なー・・

ついでにいえば、『静の桜(しずかのさくら)』に関して、『歴史と民話の境目』がちょっと気になった。
民話と歴史が一緒になっては困る。

とかく『近頃の少年少女』達は、『霊』とか『超能力』の世界に『はまりやすい』傾向がある(と思う)。
だから、周囲の大人は『注意・注目』して行かなければいけない。

『架空の物語』が『実際に有ったこと』と混同されてはいないと思うのだが・・・
ちょっと気になる。
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード