FC2ブログ

たしかに勝ったのだが・・・

市が逆転勝訴!と見出しが躍る。

勝ったからおめでたいのか?
勝ったから何が利益になったのか?
勝ったから何が市民益になったのか?

皮肉なことだが裁判に負けた方が、『3人の市民(どうも1人は松本市に転出したらしいから2人かな?)以外は』金銭的には儲かった。
負けた方が、多くの市民の市民益にはつながった。

1審の判決に従って、『さっさっと損害賠償請求した方がいい』ことは前に書いた
その場合相手側からは民事での訴えはある(とは思う)のだが・・

『市の主張が認められて満足!』なのは『市ではなくて、市長であり市役所と言う行政機関だけ』であることをはっきりさせておくべきだ。

報道からの推察だが(判決書の本文、全文は見てないので)元々の訴えは、『①、市には当時の関係者(前の市長など)に対して損害賠償請求するべきだ』『②、設計業者は損害を補償するべきだ』の二つがあって、『②、設計業者の分』については1審の判決を完全に(近い形?)覆したのだが、『①、市は旧関係者に損害賠償請求すべき!』の関しては1審の判決を否定した理由が『その手続きが適法でない、期間が超えている』であって、本質の問題『損害があったかどうか?』については『判断が明確にはなっていない(ようだ)。

市の主張『損害はなかった!』と声高に宣言するほどの根拠は示されていないような判決(のよう)だ(と思う)。

少なくとも『適法な入札ではなかった!』ことは明確で、行政に対する信用失墜が回復されたわけではないし、裁判費用の相手側負担にも控訴では触れていたはずなのだが、報道にはない。

いずれ市の広報などを通じて『勝訴は報告される』はずだが、裁判費用の市の負担についても報告されるべきだ。
takeyamaの狭い知識での裁判費用とは『裁判手続きに要する印紙代程度』のことで、『裁判に勝つための費用は裁判費用とは言わない(と思う)』。

『弁護士報酬』や『後付けの比較設計等の市の費用負担』等、裁判に伴う経費(実質的な市の損害額)も報告するべきだ。
公式な損害額は計上されなくても、実質的な損害額は多大になるはずだ。
今回の裁判が『行政訴訟の控訴であって、純然たる民事訴訟ではない』からそんなことに触れてはいない。

変な公務によって『行政への信用失墜』、変な公務がなければ『本来はいらなかった経費負担があった』ことは厳然たる事実だ。

市の議会は議会基本条例を作って開かれた議会を標榜している。
立場やスタンスが違う個々の議員の有権者への個別の説明が重要で、それぞれ『違った角度』からの『いろいろの突っ込み』が事態の『正確な情報を伝えること』につながる。
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード