FC2ブログ

今年の成人式の

顔ぶれは『たのしい者』がそろっている。

市の成人式は、かって地域の小中学校に在籍したことのある者を全部招待する。
『合併以前の村の風習を踏襲』してもらった。
だから元山留生も招待される。

4年生の時に1年takeyamaを『農家の父さん!』と呼んだ彼は、ひとりっ子で相当ホームシックが強くて、はじめは前の住所の名前が出ただけで涙がにじんだ。
そして当時の会で有名?になった『夏休み終了時の親子泣き別れの事件?』を起こした。

このことは、相当印象に残っていたらしくて、去年その事件に触れた時に、彼は『眼鏡をはずして瞼をぬぐった』。
そんな彼が、『まだ遊び足りないから来年も継続する!、という名言?』を残して、次の年も継続したのには『多くの者が口あんぐり』の状態だった。

彼は当初、首が判らないくらい太っていて、ちょっとした登り坂で息を切らしたのだが、夏休み前にはそれを脱して、『一輪車運転の名人?』になり、体を使うことが平気になり、よく農作業を手伝ったし、よく遊んだ。
特に冬にそれが顕著だったのだが、『水路にスキー板がはまって外れない事件?』があって『肝を冷やした』

5年時に在籍した彼は『当時相当かわいく』て、同級生と一緒だったのだが、はじめは『○○くん待ってー』と『尻を振って追いかけたのが傑作』だったが、3学期には『○○!』となって、挙句に児童会長選挙に打って出て1票差で落選した。
農家の父さんとしては『実はほっとした』のを思い出す。
余談だが、それを『高校時代にリベンジして、生徒会長になった』ということを聞かされて『オー!』と思った。

新らしいスニーカーがあるのに『ぼろ靴をはいて修学旅行に参加したことを『先生が「はきなれた靴で!」と言ったから』と理解したのだが、『靴ひもが結べないことを気にしたらしい』ことを後で知った。
もちろん『その対策は農家の役目』・

相当慎重な性格だった。
帰省時に名古屋以西が一人になることに気がついて、それまでのハイテンションが一気にしぼんで、急に食欲がなくなったこともあって、とびきり子供らしかったからおもしろかった。

『5年6年の2年間農家の子供だった彼』は、都合3年生から中学を卒業するまで7年間の山留生活。
ちょっと『癒し系?の彼』だったのだが、最後は生徒会長を務めた。
卒業後、玄関に顔を出して、『いつまでも小さいと思われても困るから!』と告げたのが、あまりの長身にたまげた。

『山留の知恵』なのだろうが、周りの人間の『感情の機微をよくつかん』で、だから、今でも彼の名前を口に乗せる親戚がいる。
『アー○○のおじちゃん!』などと彼の方から呼びかけたから。

『○○3兄弟』と言われたのだが、テレビの大相撲を一緒に見て、当時『栃東の血染めの勝負』に感動したのか『センターに大相撲ブーム』を起こしたのだが、姉のマフラーをまわし使って、姉に『信じられない!』と言われた事件があったらしい。

5年の夏、農家の父さんに対してお説教じみた暑中見舞いをくれたのだが、あまりに内容が面白かったので親に送ってしまって手元にそれがないのが心残り。

よく冗談で『○○は油断できない!、昨日のおやつがどこに、どのくらい残っているかを知っている!』と言ったのだが、もちろん冷蔵庫の扉を勝手に開けるようなことはなかった。
マー外の干し柿やいも干し位にちょっかいは出したのだが、こら!とかますと『あ!、見つかっちゃった!』と来るのが『なんとも傑作』だった。

6年生の時に在籍した彼は、『山留の勲章』に触れてある。

その後、弟が山留生に来ることを伝え聴いた当時の担任が『あの○○くんの弟が・・』とのたまったのがいかにもその『○○振り』をいいえている。

余談だが、兄貴とは相当違う弟は上級生女の子が『○○ファンクラブ』を作ったとか?

4人とも実によく遊んだ。とくに冬にそれが顕著で、市販のソリは2日位で壊れたから、スキー板で手製のものを提供した。
『1冬で防雪長靴を履きつぶす』のが当たり前だった。

相当印象的だった者がそろった成人式だから楽しみだ。
takeyamaも来賓の一人で式典に参加する。

そろって同窓会でもしたらいいのだが・・
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード