FC2ブログ

治療は生産活動

地域住民の健康管理をする役割の人から勧められて健康管理(病気の治療)に関する講演会に出向いた。
23日のこと。

『他の地域』の『JA関係の機関が経営』する病院で、大町病院の危機状態を承知している身としては『ちょっと引っかかる』のだが、自分の健康のことだから勘弁してほしい。

で、その内容のことなのだが、治療は『自分の責任』、だが『独りよがりになってはいけない』などの指摘は『もっとも』だと思った。

相当高齢な医師だが、4時間くらい連続して講義する姿勢には、心底感じ入った。
その中で、『病気の治療は立派な生産活動だ!』と言う発言には、ちょっと『オ!』と思った。

あの自由主義、自由競争の権化のようなUSAが『公共の医療保険に乗り出す』ことが決定した話題があった。

日本の国は『世界に冠たる国民皆保険』の国で、『税収と医療費の額が同じくらい』と言う発言に『ア!』と思った。
あらためて今の状況にきずいた。
もちろん『税が全部医療につぎ込まれているのとは意味が違う』のは気付いてほしい。

医療保険で医療費の大半はまかなわれるわけだから、高度の医療にかかる経費を節約することは、『社会的にみれば立派な生産活動だ』というわけ。

近い最近のことではないが、腎臓に持病があるのだから、将来人工透析の恐れがないとは言えない。
30代に腎炎を発症し、以来、いわば『成人病のオンパレード』だから『頑張って高価な医療を受けないようにすること』がその面からある種の生産活動であるのかもしれない。

医師は『会社に行くより治療せよ!』少しでも透析に入る時機を遅らせろ!と強調した。

大町病院では透析患者が増えて、他院への転院を勧められている患者がいるらしい。

24日には『患者の見舞い3件』、いずれも大町以外の病院だが、うち2件はその必然性が怪しい。
『患者の信頼をどう得るか?』が大町病院の課題だ。

そんなことを考えた2~3日。
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
QRコード
QR
RSSフィード