FC2ブログ

750万円

もう何回も記事にしたことなのだが、ある市議会議員の報告(12月19日、しらかば保育園控訴)によれば、おかしな公務の結果による行政訴訟のための経費支出が、もう750万円に達しているという。

今まで『小さく始まって大きく育てる公共事業!』という造語があったのだが、それと一緒のような話で、控訴に必要だからと『弁護士への手当を手付金』として今度の議会で少し予算計上したのだが、今後どのくらいの市民の税金が使われるのか、暗澹たる気分。

控訴事項の中に、『裁判費用は相手側が支払うべし(もちろん勝訴の場合のことだが)』とあって、『勝てばいいんだな!』と思いがちだが、『弁護士に関する費用は裁判費用には含まれない』ことは明らかだから『庶民は間違えないほううがいい』。
勝っても負けても『弁護士の費用は確実に市の損害』だ(と思う)。

ついでに言えば、議会の
議決は『都合の悪いことを隠されて、それを知らずに議決しても有効』だから議員は大変だ。

控訴に対する議員の意見は議会中継にアップ(最終日議案105号)されているから判るのだが、件の『契約や変更?契約に賛成』してしまって、だから今回も『控訴賛成に回らざるを得ない議員』もいたようだ。

法律(の精神を含む)や財務の規則に違反した公務の結果、市民に『行政訴訟を提起されてしまった、過去の行政手法』の結果、目に見えた『市の損害が弁護士に対する謝礼などで具体化』しているし、そのことに、裁判に対処した『職員(特別職も)の人的負担や経費』も実質的な損害だ。

自己の『保身や時間稼ぎ』に控訴という『制度が安易に利用された』と思う。

責任の所在を明らかにしてほしい。
もう750万円も使って、これからの費用は相当ものだと思う。裁判にまた負けると思うのだが、運よく勝っても裁判のための費用は持ち出しになる(はずだ)。

『メンツや保身』『当時の親分への義理立て』で、市民の税金が使われてはたまらない。
かといって『その分の市税は払わない!』というほどの『元気?』はないのだが・・
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード