FC2ブログ

水の供給単価、地域づくり委員会の意見

市の水道料金は水道と公営簡易水道では違っている。
料金は水道給水条例公営簡易水道条例で決まっているのだが・・

メーターの口径を普通の一般家庭の場合13㎜で契約していると思うから『水道』と(簡易水道)を比較する。
1月当り10㎥までも場合『1,200円』(1,700)、それを超えると1.0㎥当り『140円』(150)となっている。

なぜ『食生活の基本になる水の供給単価が、同一の市内によって違うのか?』実に素朴な疑問から合併する前から、取り組んだが解決しなかった。

合併直後、無謀だが、『水道料金を一緒にして新市の一体感の醸成を!』と就任直後の新市長による市政懇談会で市長に論戦を挑んだことがある。

市長は水道事業や簡易水道事業の経営者の論理で、『独立採算を取れない簡易水道が料金が高いのは当たり前』ということだった。

でも・・・
『生活の、最も基本中の基本の水供給の価格が違う』のは、『どうしてもおかしい!』と思い続けていたのだが・・・

このことに関して、昨夜の『地域づくり委員会』では意見書を市長に提出することを決めた。
(もちろんこれから提出する予定のこと)

水道料金の統一について
 水道の使用料金は市民同一にするべきである。
 市の水道料金は水道と簡易水道によって料金に違いがある。
 「水道事業は公営企業として料金収入を持って自前で運営し、簡易水道事業は辺鄙な地域への水供給の故に、経費に充当する収入が少なく、不足分を市の財源を投入してまかなっているのだから、料金は異なっても仕方がない」と従来は説明されてきた。
 しかし、水は市民の生活にとって極めて密接な事柄であり、経費の問題に優先して論議されるべき課題である。
 本来、市内は、一律の水道網を設置し運営されるべきだが、全体の経費や運営のために合理性があるのかが課題である現在、当面簡易水道の使用料金を水道料金に統一し運営すべきである。
最優先の『ライフライン』として位置づけられている水供給であるから、市民の理解は得られるはずである。

以下ちょっと解説を・・・
地域づくり委員会は条例によって設置された公式の機関だが、何せ『市に意見を言ってもよい』組織で、市(長)の対応は判らない。
条例改正は議会が決めるのだが、議会に提案されるかどうかも市長の胸3寸。

だから『見通しは立たない』のだが、結果はともかく、成果はともかく、『変だと思うことは変だという!地域の姿勢、地域づくり委員会の姿勢』がより重要だと思うtakeyamaです。

『初めて意見らしい意見がまとまった!』ある委員の感想が耳に残った。
スポンサーサイト



comments

No title

意見ではなく意見の案でしょ

意見です

名前の記入がない方に
文案の一字一句の部分はともかく、『委員会で決まった』ことなので『案』の段階ではありません。もう『意見』の段階です。

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード