FC2ブログ

総論と各論

5月の30日にごみ処理に関する市民懇談会があった。

もう古いことで改めて書くこともないのだが、市の議会でtakeyamaの発言を取り上げた議員(16日7番目の一般質問)がいたから、ちょっと説明を・・・

懇談会は『市民の声を聞いたことにする』いわばアリバイ創りの趣があるのだが、とにかく25人ほどの地域の市民が集まった。

主催は市役所(市長)だが、地域の自治会長も開会時に挨拶してほしいと依頼された。
主催との関係でちょっとした戸惑いがあったのだが、とにかく『地域の市民の声を聞くと言われるのだからマーみんなで意見を言いましょう!』といった趣旨の挨拶をした。

懇談会を主催したつもりはない。

冒頭、今までの経過を含めて今後のことも説明されたのだが『この説明では、総論賛成、各論反対が起きる』と発言した。

説明も資料もごみ処理の経費比較に重きがおかれ、本来話題になるべき『ごみ処理に伴う環境負荷の面』が薄いものだったからだ。

合併前、ごみ処理組合の一部事務組合に籍を置いたことがあって、そのころ感じた市のスタンスがそのまま引き継がれていると思った。

市のごみ処理施設は、とにかく『迷惑施設を地元に受け入れてもらう』ということ尽きている。

今から10年位前、ダイオキシンの話題が盛んだった。
今の『ごみ処理広域化計画』の前段が語られたのだが、件の一部事務組合を担当した3年間に市の担当課長は3人変わった。
10年後のごみをどうするかを語るものはなく、『22年に山下地区との協定は切れる。』『他村のごみは市民感情から受け入れられない』と語るだけだった。

『経費を節減するごみ処理』が首長と担当の命題で、『お金がかかって・・・』が共通語になっていた。

まだ美麻も八坂も村として存在し、どちらも大?大町市にはごみを受け入れてもらえないから、美麻は白馬小谷の仲間にしてもらい、八坂は新町などと一緒になったのだが、その炉がダイオキシンの暫定値をクリアーできないで廃炉にするから困った。
当時の市は前述のように『他市町村のごみは市民感情が・・・』だったから長野市の炉を使ったこともある。

皮肉なことに『他市町村のごみは市民感情から受け入れられないはずの市』が、松本市にごみを受け入れてもらう事態もあった。

地方事務所の屋上の空気中のダイオキシン濃度を測ったら、北安曇の分が県下で一番高く、『大町のごみ焼却炉から排出』されるのではないか?というのが『ごみ担当職員のいわば公然の秘密』状態だったことがある。

『経費が!』でなかなかダイオキシン対策が進まなかったのだが、ついに暫定基準を超えてしまい、操業停止になって松本にごみを運んで対応したことがある。
余談だが、暫定基準は今の基準の100倍近い数値で、気の小さい人は卒倒する位の値。

測ったらいきなり暫定値を超えてしまった炉は県下に2~3炉あったのだが、あれだけ問題が大きくなってから、その後に対策もせずに暫定数値をクリアーできなかった炉は県下にはない。
必要な経費を惜しんで、恥を県下にさらしたから、白馬小谷を含めて、他町村は市のごみ行政のお粗末さを実感している。
付近のごみ処理担当者の間では周知の事実だ。

船頭多くして、船浅瀬を渡るの類で、今回の『飯森断念』の底流に『市への不信がある』ことを知らなければならない。
当時から『22年新施設稼働』とは言われていたのだが、『大町はだめだな!』と見通していた白馬の施設組合は、広域化の議論と並行して施設の延命化にすでに取り組んでいた。
その分の経費を大町が負担しても、なお他村に施設を造ってほしいというのが大町の行政関係者の意向だった。
そして今また『市単独で!』とも言いだした。各論でまた大騒ぎになることが予想されるのだが・・・

大北の盟主を標榜する市だが、凋落していく名家の風で、盟主たる威厳もおおらかさはなく、自己の主張を振りかざしているに過ぎないことを、議会を含めて市は感じたほうがいい。

懇談会で言ったtakeyamaの発言は、経費からごみ処理施設を論じるのではなく、適正処理の方向からそれを論ずるべきだとしたものであり、そのために一定規模のごみ量が必要で、その面から結果的に広範囲を対象にごみ収集をして、場合によっては産業廃棄物の一部も一緒に処理して地域全体の空をきれいにすべきことを主張したものだ。

自治会は市の行政の一部だなどという意識はtakeyamaにはない。
自治会は協働の一方の柱だが、行政機関とは正当に対峙していると自負しているのがtakeyama流で、そのことを実感している市民や行政関係者が多い(と思う)。

確かに懇談会の開会に際して挨拶はしたのだが、会を主催した風のことを言ってはいない。
『行政の意向を聞いて自治会長が発言したごときの質問』は『げすの勘繰り』の類で、不明を恥じてもらいたい。

これは『takeyamaの方の、げすの勘繰り』だが、美麻と八坂が大町市になったから『大町単独で施設を造るといっても用地はあるから大丈夫!』では困る。
そこには『ごみを適正に処理する視点』がない。

ごみ処理施設のことは、総論より各論から入ったほうが結果的にいいかもしれない。

いわく、中心市街地活性化のためにごみ処理施設を造る。
いわく、旧東洋紡跡地の有効利用のためにその場所に造る。
etc・・・

美麻のような山間地では、ごみ程度のことは自己責任でできるのだが、3人の老人を看取った身で思うのは紙おむつの処理で、行政機関がそれをまとめて処理してくれて大いに助かった。
入院もしてみたが、病院から出るそれも相当になる。
介護や看護の施設の量も推定できる。

生ゴミの減少対策が、主要なごみ対策だなどと思っては困る。

スポンサーサイト



comments

堂々巡りな意見。

難しいし一筋縄ではないし、ベストアンサーが見つかりません。

ですが巨大空気清浄機の意見などを聞きました。

家庭で使われている、空気清浄機ならダイオキシンが96%除去がどうの二酸化炭素が減るだのいってましたが。
でも、電気等のエネルギーの代償は大きいので
結果的にはプラマイゼロ、破綻しやすいと思います。

では太陽電池はどうだろう?という意見も聞きましておぉっなるほどっとは思いましたが実現するかどうかは謎です。

そして機械ではなく既に実在しているものとして特殊な生物が20億年前に開発に発明されました、その名は「シアノバクテリア」。
水中に潜む生き物で
増殖の研究が進んでいるかはわかりませんが1番のエコになるかもしれません。

一家に一匹?みたいなキャッチコピーも夢ではありません。(笑)


あくまでイメージですが、問題には向き合って行く事が1番のエネルギーだと思っております。(バカ)

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の岳山
今年の目標、復活再生を、雪の下で待つ『わかたの棚田』,11:2:2
11;2わかたの棚田  23年新春 自宅2階から山小屋風 1月3日朝 山小屋?  夕焼け(22;10:29)庭から鹿島槍を 夕焼け 鹿島夕日
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別ログ
農作業の開放
案内画面をクリックすると拡大します。
募集 古代米
連絡先
メールが届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カウンター
管理人プロフィール

takeyamanokaze

Author:takeyamanokaze
まだまだ、3年生には!
どっちが引っ張る?

地蜂ほり
山留生を相手に地蜂をほる。

2年田起こし
GWは棚田の季節


通称「かっちゃ」
山留生は「農家の父さん」
トラクターは退職金で買った。
年金で肥料を買うが、職業は農業(のつもり)。

最近の記事
今までの記事
タイトルと書出しを表示。
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
RSSフィード